審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯の形が気になる > ラミネートべニア(群馬県 27歳 女性 その他のQ &A)

カテゴリ:歯の形が気になる > ラミネートべニア

左の歯の方が出ていて唇が上がりにくく、微笑んだ時に右の口角だけ上がり口が曲がって見えます。
左右に八重歯があります。
左の歯の方が出ていて唇が上がりにくく、微笑んだ時に右の口角だけ上がり口が曲がって見えます。
片方だけ上がるので視覚言語的に意地悪そうに見えます。
子供の頃からなので、そのせいで左のフェイスラインの方が右より下がりぎみで左頬の方が脂肪が付いています。
接客業の為気になるので改善したいですが、抜歯や矯正は時間とお金がかかるので考えていません。
素人考えでは左だけ削って高さを揃えるのが簡単だと思いますが、削ってラミネートベニアでしょうか?
神経に届かないくらい、ほんのわずかに削るだけならラミネートベニアを被せず、削るだけでも良いのでしょうか?

[群馬県 27歳 女性 その他]

歯の形が気になる > ラミネートべニア

本来ならば矯正治療をおすすめしたいところですが、矯正治療は考えていらっしゃらないとのことですのでその前提で考えたいと思います。
まず、左の犬歯の形態をどの程度変えなければならないのかにもよりますがラミネートベニア法の場合は、形を大きく変えることは難しいので「唇が上がりにくい」ほどの歯の形態を変えるのには適して無いように思われます。
また「神経に届かないくらい、ほんのわずかに削る」とおっしゃっていますがが、今回のケースの場合はわずかに削っただけでは問題はあまり改善できないように思われますし、削った部分が神経に達していなくてもそのままでは知覚過敏の問題や虫歯のリスクが高くなることなどから歯を削ったままにすることはおすすめできません。

歯の形態を大きく変えたいケースはラミネートベニアではなくセラミッククラウンによる治療法の方が適しているように思います。
ラミネートベニア法よりも歯を削る量は多くなりますが、ある程度までは歯並びやかみ合わせも整えることが可能です。
いずれにしてもどの程度、歯の形を変える必要があるのかによって最適な治療法を選択する必要があると思います。


  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です