審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

その他 > その他(東京都 0歳 男性 会社員のQ &A)

カテゴリ:その他 > その他

自分の歯を削らずにやってもらうこともできるのでしょうか。
それとも削らないとデメリットがあるのでしょうか?
セットバック手術で、上顎がひっこみすぎてしまいました。
歯が奥まってしまった感じで笑顔に華が無くなってしまいました。
これを直したいのですが再手術はとても大変で、しかも2年ほどの歯列矯正も必要とのことです。
ラミネートベニアは歯の厚みが増してしまうのが欠点だそうですが、私のような場合逆にこれによって改善されると期待していいのでしょうか。
通常歯の厚みが出ないようにするために自分の歯の表面を削ってからセラミックチップを貼付けるそうですが、私のように前に出てもいいという場合、自分の歯を削らずにやってもらうこともできるのでしょうか。それとも削らないとデメリットがあるのでしょうか?

[東京都 0歳 男性 会社員]

その他 > その他

ラミネートベニア法は歯の色調や軽度の形態の改善を目的に行います。
  歯の表面を一層削り、その面にセラミックスなどで作製したシェル状のものを、接着剤で付けます。
  現在、使用されている接着剤は歯の表面を酸でエッチング(面を荒らす)し接着させますが、全く削合しないと接着力が落ちますので、わずかでも削合する必要があります。
  上、下の歯の位置関係とどの程度前に出せば形態が改善出来るのか、診ないとわかりませんが、ラミネートで行う場合は裏側は削りませんので、前に出る分だけ歯は厚くなります。また、接着法を正しく行えば通常、割れることはありませんが、噛んだ時、上下の歯が先端どうしで接蝕すると割れることがありますので、あなたの場合ラミネートの適応症かどうか精査していただいてください。
  どのような方法で治すにしても、一度削った歯は元には戻りませんので、口腔の模型上で歯と同色の合成樹脂によりガイドを作製してもらい、それを歯の表面にあてて満足度を確認してから治療することをお勧めいたします。


  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です