審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯並びを良くしたい > すきっ歯(千葉県 26歳 男性 会社員のQ &A)

カテゴリ:歯並びを良くしたい > すきっ歯

前歯の隙間を治したいのですが、セラミックスクラウンとラミネートベニアどちらで治した方が将来的にいいですか?
前歯の隙間を治したいのですが、セラミックスクラウンとラミネートベニアどちらで治した方が将来的に、いいですか?

[千葉県 26歳 男性 会社員]

歯並びを良くしたい > すきっ歯

前歯の隙間を治すのにラミネートがいいかオールセラミッククラウンがいいかのご質問にお答えします。
隙間があまり大きくなければ、ラミネートが適応でしょう。歯の見える面だけの治療なので歯を削る量もそれだけ少なくなります。反対に隙間が大きい時はラミネートでは強度に問題がある場合もあり、オールセラミッククラウンがより安全です。ただし、歯の色や咬み合わせ、虫歯の有無などによって選択が変わることもあります。最終の選択は、患者さんの希望に加えて、先生の診断によります。オールセラミックで、歯の神経をとるかどうかも先生の診断によります。


  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です