審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

その他 > 歯周病・歯肉炎(大阪府 39歳 女性 会社員のQ &A)

カテゴリ:その他 > 歯周病・歯肉炎

私は歯周病で歯槽骨が相当退化して歯を支えている骨自体がほとんどなくなり、歯がグラグラしています。こんな状態でも審美治療は可能でしょうか?
私は歯周病で歯槽骨が相当退化して歯を支えている骨自体がほとんどなくなり、歯がグラグラしています。こんな状態でも審美治療は可能でしょうか?上顎が小さいのに歯が大きい為、八重歯になってるうえに、全体的に抗生剤による変色があります。審美治療についてよく知らなかったところ、友人がネットを紹介してくれたおかげで、こうして御相談しています。幼い頃から笑顔に自信がなく、歯周病になってからは歯茎が腫れて痛むこともしばしばで悩まされています。

[大阪府 39歳 女性 会社員]

その他 > 歯周病・歯肉炎

基本的に、審美治療はどのような状態でも可能です。
むしろ、現在の審美的な問題を解決するのが審美歯科治療であると思ってください。
歯周病は日本人成人の約85%が罹患しているといわれる国民病です。
治療には多少時間がかかりますが、今のままでは悪化しますので、これを機会に治療を開始することをお勧めいたします。


  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です