審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

被せ物について > 素材について(京都府 40歳 女性 自営業のQ &A)

カテゴリ:被せ物について > 素材について

奥歯の金属の詰め物を白い物に変えようと考えています。コンポジットレジンというのは保険が効くようですが、セラミックなどと比べて欠点はありますか?また、他にはどんな治療法がありますか?
奥歯の金属の詰め物を白い物に変えようと考えています。コンポジットレジンというのは保険が効くようですが、どんなものにも治療は可能ですか。セラミックなどと比べて欠点はありますか。

[京都府 40歳 女性 自営業]

被せ物について > 素材について

質問にお答えさせて頂きます。
>コンポジットレジンというのは保険が効くようですが、
>どんなものにも治療は可能ですか。セラミックなどと
>比べて欠点はありますか。

レジンはプラスチックのような白い詰め物で、今までは強度と耐久性に問題がありましたが、セラミックのような成分に近い審美的で耐久性の高いものも最近はでてきております。

メリットとしましては、まず色が白いですので、審美的な修復が可能な点と、歯を削る量が少なくてすむ、比較的費用が安いということなどが挙げられます。

デメリットとしては、どんなに最新のものであっても経時的な変化によって劣化してしまうため、永久的なものではないという点があるかと思います。

また、奥歯のように強い力がかかる部分や詰めなければならない範囲によっては、コンポジットレジンでは耐久性に問題がある場合もございます。
また、一般の健康保険で用いることができるコンポジットレジンには制限があり、世界的にみて最新の美しく耐久性のあるレジンを使用することはできないため、そのようなより良いものを希望される場合は保険適応外となってしまいます。

医院のホームページなどをみると無料でカウンセリングを行っている医院もありますので、まずはカウンセリング(相談)の予約をとられて、お困りの点やご希望について相談してみると良いでしょう。
実際の治療に関しましては、治療の前にまずお口の中の検査を受けていただき、それをもとに治療内容等を相談いたします。
いきなり治療ではなく、お口の中の状態の説明をさせていただき、治療内容、治療期間、費用などが決まってから治療開始する医院が良いでしょう。
治療方法や費用に関しましても、きちんと説明させていただいた上で治療計画の相談をする医院が望ましいです。



  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です