審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

被せ物について > ブリッジについて(愛媛県 29歳 女性 フリーターのQ &A)

カテゴリ:被せ物について > ブリッジについて

ブリッジを入れた部分が下がって、過蓋咬合になっています。過蓋咬合を治すには、ブリッジを作り直すことで解消されるのでしょうか?
左下5、6、7番と右上5、6、7番がブリッジです。両方のブリッジを入れた部分が下がって、過蓋咬合になっています。
歯ぎしりと喰いしばりの為か、天然歯の表面にクラックが入っています。上顎左右の1番が差し歯なのですが、かみ合わせると下の前歯で押し上げ、土台ごと脱落することがあります。
過蓋咬合を治療するには、左右両方のブリッジを作り直すことで解消されるのでしょうか?それとも矯正で治るのでしょうか?

[愛媛県 29歳 女性 フリーター]

被せ物について > ブリッジについて

かみ合わせが深く、前歯に負担をかけてしまうのですね。
確かにかみ合わせを改善することで前歯の負担を和らげていくのは良い方法です。ただし、ブリッジの作り直して改善すべきか、矯正で改善すべきかはご自身のかみ合わせを実際に診てみないと判断は難しいでしょう。まずは、実際にご相談されるとよいのではないでしょうか。ただ、先生によって判断は分かれると思います。


  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です