審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

(東京都 25歳 男性 その他のQ &A)

カテゴリ:

神経を残したままセラミックをかぶせた歯が時々痛みます。やはり神経は抜いた方がよかったのでしょうか?また、改善策はあるのでしょうか?
前歯上下8本ずつオールセラミックの治療をしました。
歯の神経を残したままセラミックをかぶせることにしましが、今なお、重く響くような痛みが度々でます。改善策はあるのでしょうか?また、神経は抜いた方がよかったのでしょうか?
今からでは抜くことは不可能なのでしょうか?

[東京都 25歳 男性 その他]

神経(歯髄)を温存したままオールセラミックなどの冠を被せる治療においては、将来的に神経のお痛みの出現や神経の失活(神経が死んでしまうこと)のリスクがございます。
現在、重く響くような痛みが度々出ていらっしゃるようですが、神経症状(歯髄炎)の疑いがあります。
そのようなお痛みが出る場合は、長期にわたって経過を観察しなければなりませんが、最終的には神経を除去することも少なくありません。
もし完全にお痛みが消失したとしても、神経の失活(死ぬこと)が原因であれば、やはり腐敗した神経の除去をしなければなりません。
お痛みが日常生活に影響を及ぼすほどのストレスになっていらっしゃるのであれば神経の除去治療をされた方がいいと思います。
それほどでもなければもう少し経過を観察してもいいかと思います。
もし神経を除去する場合でも、お痛みの原因となっている歯を確定し、必要な処置だけをするのが賢明かと存じます。
神経の治療中は仮歯を装着し、処置が終了したら新たにオールセラミッククラウンを再製作します。


  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です