審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

被せ物について > 素材について(東京都 36歳 女性 主婦のQ &A)

カテゴリ:被せ物について > 素材について

先日ブラックライトの当たる場所で歯を見たら、差し歯だけ、白く反応し光っており、恥ずかしくて口を開けなくなってしまいました。
20年ほど前に歯を折ってしまい、差し歯にしたのですが、2年ほど前に鼻の横に膿が溜まってしまった為治療をし、前歯の左側の差し歯だけ新しいものに変えました。その際、10万以上する、その医院で扱っている一番いいものを勧められ、それを選びました。
一番自然だからと言うことでしたが、先日ブラックライトの当たる場所で歯を見たら、その歯だけ、白く反応し光っており、恥ずかしくて口を開けなくなってしまいました。同じ程度の白さの右の差し歯は光ってはおりませんでした。
事前の説明不足として何らかの対応をしていただけるのでしょうか?それとも今の差し歯はこのような事は仕方ないのでしょうか?

[東京都 36歳 女性 主婦]

被せ物について > 素材について

10万以上する差し歯ですから、おそらくセラミック系の差し歯だと思われます。
実際のところ、ブラックライト下での特殊な色身は対応してないのが実情です。あくまでも、自然光で通常の生活の上で支障がないように差し歯を入れることを前提にしております。
しかしながら、現在のセラミックの素材はかなり改良されている物も多く、オールセラミックスと呼ばれる裏打ちに金属を使わないような本当に歯の構造に近い素材が有ります。私もブラックライト下での色彩は不明ですが、クレームも今のところきておりません。
その素材であれば、目立たなくなる可能性はあります。
保証問題ですが、歯科医院によってマチマチです。作ってから3年保証をうたっている歯科もあれば、保証制度が無いところもあります。その場合は作ってもらった歯科医院にザックバランに相談されてはいかがでしょうか?
場合によっては、差額で安価に再製作してくれるかもしれません。


  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材
クリップした歯科医院

クリップした医院は0件です