審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ラミネートべニアの治療のながれ

2018.07.17

ラミネートべニアは、歯の表面を少しだけ削りその上に貝殻状のセラミックを接着させる治療で、簡単に言うと、付け爪のようなものです。変色している歯の色調の改善や小範囲の歯並びの改善、隙間の開いた歯の修復、歯の形の改善に用いられます。

歯の表面を少し削るだけなので、歯へのダメージや痛みも少なく、治療期間も短く済むことが多いのが特徴です。またオールセラミックと同様に、セラミックのみを用いる治療方法であるため、見た目が良く変色しにくいのが特徴です。

通常は2回で、治療が終わります

まず、ラミネートべニアは歯を削る治療方法なので、お口全体の状態をみて歯を削ることが可能かどうかを診断します。セラミックを接着するので、噛み合わせや噛む力によっては、剥がれたり欠けたりする場合があるからです。

通常の治療期間は、“歯を削り型をとる日”と“セラミックを接着する日”の2回です。
まず、歯の表面のエナメル質を薄く(0.5mm程度)削り、型を取ります。
その後、型に合わせて作ったセラミックの貝殻状のようなものを、削った歯の表面に専用の接着剤で貼り付けます。

こんな方におすすめ

・ホワイトニングの効果が無い方
先天的な遺伝による変色や薬物による変色、神経を抜いた歯の変色が気になる
・歯並びを治したい方
前歯のすきっ歯が気になる
・歯の形が気になる方
周りの歯と比べて小さい歯や、一部分が欠けてしまって形を整えたい
・小さな虫歯がいくつかできている方
一本の歯に数箇所の虫歯ができてしまった