審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ラミネートベニア治療に際し、前歯の歯肉ラインが僅かにアンバランスであった症例

2018.07.17

症例1、ラミネートベニア治療に際し、前歯の歯肉ラインが僅かにアンバランスであった症例

治療の内容
主訴
欠けて隙間のある歯が気になる
治療回数
3回
治療費用
345,600円(税抜き 320,000円)

療法:ラミネートベニア、歯肉整形、ホームホワイトニング
治療費:
ラミネートベニア2本:1本100,000円×2本=200,000円
歯肉整形(簡単な方法)2本:1本20,000円×2本=40,000円
ホームホワイトニング(上下の歯):80,000円

欠けた歯や隙間のある歯を治すには、ラミネートベニアが最適であることが多い。このケースでは、歯肉ラインを診査したところ、真ん中2本の歯肉ラインが、 1mm程下方にあり、アンバランスになっていた。そのために、ただ、ラミネートベニアの治療を行っても、自然で美しい歯列を作ることはできないと判断し た。そのため、電気メスによる簡便な歯肉整形を行った。出血もほとんどなく、治療回数が増えることもなく、安全である。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前_症例1、ラミネートベニア治療に際し、前歯の歯肉ラインが僅かにアンバランスであった症例
  • 治療後_症例1、ラミネートベニア治療に際し、前歯の歯肉ラインが僅かにアンバランスであった症例

【治療例】

術前:上の中心2本の歯の間に隙間があり、欠けている。また、歯肉ラインが、1mm程下方にあることがわかる。

術前:上の中心2本の歯の間に隙間があり、欠けている。また、歯肉ラインが、1mm程下方にあることがわかる。

ホームホワイトニングにより、かなり白くなった。

術後:上の中心2本の歯を、歯肉整形後、ラミネートベニアで治療した(治療後6ヶ月の状態)

記事ご協力
院長 : 坪田 健嗣

フォーラムデンタルクリニック

院長 : 坪田 健嗣 この医院の情報を見る