審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ブリッジの歯の形について

2018.07.17

失ってしまった歯のかわりに、ブリッジ治療で使う人工の歯のことをポンティックといいます。このポンティックには様々な形があり、ブリッジ治療の見た目や機能、舌触りなど、それぞれの形が大切な意味を持っています。

リッジラップ型

リッジラップ型

・よく使われている形
・もとの自分の歯の形に近く、舌触りが比較的よい
・歯ブラシが入りやすい曲線があり掃除がしやすい
・見た目も自然で息漏れもしにくい

船底型

船底型

・舌触りや見た目が比較的よい
・歯茎とポンティックの境目に汚れが溜まりやすい
・歯ブラシが届きにくいため掃除が難しい

離底型

離底型

・歯茎とポンティックが離れているので掃除しやすい
・歯茎とポンティックが離れているので息漏れがしやすく、食べカスが挟まりやすい
・見た目があまり良くない

オベイトポンティック

オベイトポンティック

・卵型のポンティックを使ったより審美的な治療方法
・もとの自分の歯に近く、見た目も舌触りもよい
・自費治療の場合が多い
・歯茎の形を整形する必要がある