審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ブリッジに使う被せ物の種類(前歯)

2018.07.17

ブリッジ治療は失ってしまった大切な歯のかわりに、食べたり会話をしたりという機能の回復を目的とする治療ですが、お口元の見た目を回復するということも大切な目的です。
ブリッジ治療では保険も適用できますが、自費でオールセラミックを使った被せ物を作ることもできます。
ここでは、前歯のブリッジ治療に使われる被せ物の種類について、それぞれの特徴をご紹介します。
素材について

オールセラミック(自費治療)

・使われている素材がすべて白いセラミック
・金属を使用していないので、もとの歯のように光を通し、自然な見た目が期待できる
・変色しにくく歯茎の黒ずみが起らない
・金属アレルギーの方でも適応できる
・噛み合わせによっては割れることもある
・公的医療保険が適用できない

メタルボンド(自費治療)

・金属のフレームを使用しているので強度がある
・被せ物の外側にセラミックをしているので、変色しにくく自然なツヤがある
・裏側から見ると金属のフレームが少し見えるが、表からは見えない
・フレームに金を使うと明るい印象になる
・公的医療保険が適用できない

レジン前装冠(公的医療保険)

・公的医療保険が適用できる
・金属のフレームに白い硬質レジンを使っている
・金属のフレームを使用しているので強度はある
・歯の表から金属は見えないが、歯の裏側からは金属が見えてしまう
・長く使用していると、土台となっている歯と被せ物の境目が黒ずんでしまうことがある
・長く使用するとレジンが着色してしまうことがある