審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科治療におけるマイクロスコープのメリット

2018.07.17

マイクロスコープのメリットは、通常、盲目的治療(見えない部分を解剖学的知識や経験に他より治療する)が多い歯科治療において、ミクロの単位で確認して治療が行えるようになります。それにより、審美歯科治療においても、以下のメリットがあります。

少ない回数で治療が終わる

根の治療の確実性が上がるので、少ない回数で治療が終わる。さらに、被せ物をした歯の根っこの治療のやり直しが少なくなる。(治療のやり直しには、被せ物を外して、根の再治療が完了してから、新たに被せ物を作らなくてはいけなくなる場合があります。)

虫歯や歯周病のリスクが減る

治療の精度が上がり、被せ物や詰め物の適合がよくなるので、被せ物や詰め物の不適合で起こる虫歯や歯周病のリスクが減ります。

神経を残した治療が可能となる場合がある

神経を残せるかどうかの深い虫歯の治療も、マイクロスコープでのミクロの単位の治療により、虫歯のみを除去し、神経が残せる可能性が高くなります。(神経を取ってしまうと、土台の作成が不可欠となってしまうため、神経を残せることは、身体に優しいだけでなく、費用の面でも安く済む可能性があります。)

歯周病治療から外科治療になるリスクが下がる

歯周病治療においても、ポケットの中の歯石を確認しながら除去できるので、外科治療になるリスクが下がります。また、歯茎の炎症が、早く治癒する場合があります。

以上のことにより、審美歯科治療においても、健康で美しい歯を手に入れていただくための時間短縮や、美しい状態を長く定着することにもつながります。

記事ご協力
院長:高島 美祐

神谷町デンタルクリニック

院長:高島 美祐 この医院の情報を見る