審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

AGCガルバノクラウン(ゴールドとセラミック)

2018.07.17

AGCガルバノクラウンの構造

純金とセラミックを組み合わせた被せ物です。

人体に馴染みやすい純金と、審美性に優れたセラミックを用いることで、自然で美しい歯を作ることができます。

またアレルギーを防止し、歯茎との境目の変色も発生しません。

金属冠

金属冠

右の写真は、ベースとなる金属冠を金含有率99.9%の純金で作製し、その表面にセラミックを焼き付けたものです。

金属冠

酸化しにくく、また人体によく馴染み、極めて安定性の高い金属元素である純金を用いているため、金属アレルギーになることもほとんどありません。

また、時間が経って歯ぐきが下がってきたときに、「ブラックマージン」が起こることもありませんし、「アマルガム・タトゥ」も起こりません。

歯科用語:ブラックマージンアマルガム

金属冠

ベースとなる金属の色は象牙質(歯の内部の組織)の色に近い金色であり、また温かみのある色調であるため、歯の表面部分となるセラミックを盛り付けるときに、無理に金属色を消す必要ありません。そのため、天然の歯が持つ透明感を再現しやすく、審美的にも優れています。

歯の表面の色を再現している材料はセラミックであるため、強度の面でも優れており、奥歯にも用いることができます。また変色も起こりません。茶渋やヤニなどのステインも付きにくく、付いたとしても簡単に落とすことができます。