審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

歯が欠けた、すり減ってきた…小さい歯の修復はダイレクトボンディングで解決!

2018.07.17

ダイレクトボンディングとは?

ダイレクトボンディングとは、大きな損傷ではない歯の修復に適用している治療法です。

治したい部分へ直接(ダイレクト)にハイブリッドレジン(ハイブリットセラミックともいう)という白い素材を注入し、固めて治療します。

そのため、たくさん歯を削る心配がなく、一日で白い歯に修復できる場合が多いです。

ダイレクトボンディングの治療の流れ

はじめに、小さな虫歯などの、治療したい部分をきれいに削り慣らします。削り慣らした後、そこへ直接ハイブリッドレジンを注入していきます。ハイブリッドレジンははじめ、ペースト状で柔らかいですが、特殊な光に当たると固まる性質があります。

治療する部分へハイブリットレジンを直接注入していき、歯の形や溝を整え光で固めます。そして、その工程を数回繰り返していき、少しずつ元の歯を再現していきます。

どのような歯にダイレクトボンディングは適用できるの?

広範囲の虫歯や、大きな損傷などではなく、歯1本1本に対しての部分的な修復であれば適用可能な場合が多い治療です。

ダイレクトボンディングが適用できる例は下記のようなケースです。

・虫歯の範囲が小さく、深く進行していない
・昔に入れた詰め物を新しくしたい
・事故などで歯の一部分が欠けてしまった
・噛み合わせの関係で歯がすり減ってしまった
・歯の一部分が変色を起こしている
しかし、歯に直接ハイブリッドレジンを使用するために、歯周病や他部位の虫歯などでの出血、大きな炎症がある場合や、他治療との併用などは適用できない場合があります。

ダイレクトボンディングをするメリット・デメリットとは?

ダイレクトボンディングを選択した時、どのようなデメリットやメリットがあるのでしょうか?それぞれご紹介します。

メリット
・自費のセラミックのインレー(詰め物)を行うよりもお手頃な価格で治療できる場合が多い
・色も自然で自分の歯に馴染む
・素材がハイブリッドレジンなので、 公的医療公的医療保険で行うコンポジットレジン(プラスチック素材のみ)よりも変色しにくい
・治療も一日で終わるので、転んで前歯が欠けてしまった場合などでも、すぐに対応できる場合が多い
・歯の大きさや形を変えて治すことができる
・歯を沢山削る心配がない

デメリット
・歯ぎしりや噛む力が強い人は、インレーよりも破折してしまうリスクがある
・オールセラミック(全てセラミック素材)ではなく、プラスチックが混ざっている素材なので全く変色する場合もある
・広範囲の虫歯や、大きな損傷の修復には向かない
・直接歯に素材を使用して歯を形成していくので、歯科医院の技術に左右される場合もある
・1回の治療の時間が長くなる場合が多い