審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

メタルボンドと硬質レジン前装冠(公的医療保険の白い歯)の違い

2018.07.17

メタルボンドと硬質レジン前装冠(ぜんそうかん)は構造が似ていて、どちらも金属の部分と白い部分の二層構造で歯を再現しています。
構造が似ているので一見すると区別がつきにくいですが、金属に貼り付けられている白い部分の素材が大きく違います。メタルボンドではセラミック(陶材)、硬質レジン前装冠ではプラスチック樹脂が使われます。また、それぞれ適用できる歯の部位が違うのと、長期間つけていると起こってくる劣化具合に大きく差が出る場合があります。

硬質レジン前装冠の特徴

素材:金属と歯科用レジン(プラスチック樹脂)
製作過程:金属のフレームの上に技工士が歯科用レジンを専用の器具で少しずつ盛り上げていき、光で固めて作ります。透明感は少ないです。
クラウンの適用箇所:クラウンの適用箇所 上顎・下顎の犬歯から犬歯までの計12本が適用されます。それ以降の小臼歯、大臼歯などの奥歯は公的医療保険での硬質レジン前装冠は適用されません。
特徴:公的医療保険適用です。金属の上に被せる白い部分の素材はプラスチック樹脂なので、変色や着色が起こる場合があります。また、金属アレルギーの方には向きません。

メタルボンドクラウンの特徴

素材:金属とガラスセラミック
製作過程:金属のフレームの上に技工士がガラスセラミックを細い筆で少しずつ盛り上げていき、専用の焼きあげる機械の中で焼き付けて作られます。透明感を持っているので細かい色調再現まで可能です。
クラウンの適用箇所:上顎・下顎の前歯、奥歯どこでも適用されます。
特徴:自費診療です。金属の上に被せる白い部分の素材はセラミックなので、黄ばみや変色がしにくいです。金属のフレーム部分を貴金属にすると金属アレルギーの方でも適用できる場合があります。