審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ダイレクトボンディングに使用する材料

2018.07.17

ダイレクトボンディング法には、コンポジットレジンと呼ばれる材料を使用します。コンポジットレジンとは、セラミック(陶器の材料)の粉とレジン(樹脂)を混ぜて固めた材料です。被せ物の材料で使用されているハイブリッドセラミックと基本的には同じ材料です。

コンポジットレジンの強さ

セラミックは硬さや安定性(対変色・対劣化)、耐久性があります。コンポジットレジンは、セラミック(陶器の材料)の粉にその特性が含まれています。天然の歯と噛み合わせた場合、歯と比べると柔らかいため、天然の歯を傷つけにくくなります。レジンの柔軟性があるため、適切に磨耗してくれて噛み合わせに馴染みやすくなります。

コンポジットレジンの審美性

ダイレクトボンディングで使用されるコンポジットレジンは、審美修復用として区別されており、歯のグラデーションを再現するために光学的に天然歯と馴染み、また美しさを長持ちさせるため、表面の研磨性(ツルツル具合)を向上させるように設計されています。

コンポジットレジンの生態親和性

コンポジットレジンは金属を含まないため、当然金属アレルギーを引き起こすことはありません。また、コンポジットレジンの成分であるセラミックは安定した物質で生態親和性が高く、アレルギーを引き起こしにくいことに加え、歯ぐきなど歯の周囲の組織へ与える刺激も少ない材料です。

記事ご協力
院長 : 山下英明

山下歯科

院長 : 山下英明 この医院の情報を見る