審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科治療ってどんな治療?歯科医院で歯を白くする方法を4つ紹介!

2018.07.17

審美歯科治療とは?

審美歯科治療とは、従来の虫歯や歯周病の治療など通常の歯科で行っている治療に、「美しさ」の視点をプラスした歯科治療です。歯並びや、歯の色、歯の形を変えたり、歯茎を綺麗にしたりする治療があります。また、虫歯や歯周病などがない状態で、更に口元を美しくしたい場合にも行います。

見せかけの美しさだけを求めるのではなく審美歯科治療により健康で美しい笑顔を手に入れ、自分に自信を持つことにより、人生をより豊かにする可能性をもっています。

審美歯科治療はどんなことをするの?

(1)歯の汚れをとるクリーニング治療
歯の汚れを専用の機械を使用して除去する「PMTC」というクリーニング方法や、「スケーリング」という歯石をとる方法などがあります。磨き残しや、落とせなかった汚れがピカピカになったり、虫歯や歯周病の予防にもなったりします。歯の色で悩んでいる原因がタバコやお茶などのステインであれば、クリーニングのみでも白くきれいにできる場合があります。

(2)黄ばみや変色をとる、歯の色を白くする治療
「ホワイトニング」といい歯を漂白し白くする治療方法です。さまざまな種類があり、自分に合った方法を選択できます。自宅で手軽に行う「ホームホワイトニング」や、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」、歯の神経を失った場合に行う「ウォーキングブリーチ」などがあります

(3)白い被せ物や詰め物にする治療
虫歯などで歯が悪くなった場合、銀歯ではなくセラミック素材の歯を選ぶことができます。
公的医療保険でも白い歯にできますが、自費でのセラミック素材で作ったものは、透明感があり、より本物の歯に近づけることができます。また、今まで使っていた被せ物や詰め物を白く新しいものにしたり、歯の大きさや隙間を被せ物で変えたりすることができます。

(4)歯の表面を削り薄いセラミックを貼り付ける治療
歯の表面を削り薄いセラミックを貼り付ける治療
「ラミネートべニア」という治療法で、歯の表面を薄く削りネイルチップのような薄いセラミックを貼り付けることで、歯の色を明るくしたり形を整えたりすることができます。

審美歯科治療で注意したいこと

審美歯科治療は自由診療が多いため、自費での治療がメインになってきます。自由診療は医院により、料金や治療方針などが違ってきます。セラミックの被せ物などの、費用がかかってしまう治療などは注意が必要です。希望している被せ物の形やメインテナンス、保証制度などは先生とよく相談・理解して治療を進めていきましょう。
審美歯科治療を行っている医院を探す