審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ポリリン酸ホワイトニングの特徴と治療の流れ

2018.07.17

ポリリン酸ホワイトニングとは

ポリリン酸ホワイトニングとは、「ポリリン酸ナトリウム」を使って行うホワイトニングのことをいいます。通常のホワイトニングで使用する過酸化水素にポリリン酸ナトリウムを混ぜたものを使用します。

ホワイトニングの効果と同時に歯の汚れを落とし、ステインや歯石がつくことを防止してくれます。つまりはホワイトニングをしながら歯をコーティングしてくれるので、施術中の痛みが少なく、施術後は「着色しにくい」「透明感を出す」などの効果が期待できます。

ポリリン酸とは?
ポリリン酸とは、化合物のリン酸が多数結合してできた物質で、人が生きていく上で欠かせない物質です。薬用の歯磨剤やマウスウォッシュなどのオーラルケア商品に応用され、今後も医薬品への活用が期待されています。
ポリリン酸ナトリウムとは?
ポリリン酸の一種ポリリン酸ナトリウムは、変色防止などの食品添加物として認められ、歯石を防ぐ薬用歯磨き粉の原料などにも使われており、安全性の高い成分です。ステインの除去や沈着防止の効果を持つと同時に、歯周病菌や虫歯菌に対する抗菌作用も併せ持っているため、お口の中の環境を整える物質として使用されています。

ポリリン酸を使ったホワイトニングのメリット

ポリリン酸を使ったホワイトニングは、従来のホワイトニングに比べて下記のようなメリットがあげられます。(※回数や施術方法、歯の状態によって個人差があります。)

・安全性が高い
・痛みを感じることが少ない
・キラキラと輝きのある自然で美しい白さに仕上がる
・短時間で済む
・ポリリンコーティングにより歯の表面が強化され着色しづらくなる
・ホワイトニング直後でも食事制限の必要がない
・1日に何回でも行うことができる

ポリリン酸を使ったホワイトニングのデメリット

デメリットもありますので、注意しましょう。

・すべてのクリニックで行っているわけではない
・重度の歯周病の方は場合によってはシミが出る可能性がある

こんな方におすすめ

・歯の黄ばみが気になり出した方
・タバコのヤニによる歯の汚れが気になっている方
・いつまでも若々しい口元でいたい方
・営業や人前に出ることが多い方
・就職試験を控えている方
・コーヒー、紅茶、赤ワインなどが好きな方

ポリリン酸ホワイトニングの流れ

STEP1 消毒
まず、歯の表面の汚れを落とすために、消毒を行います。

STEP2 薬剤を塗る
ポリリン酸を混ぜた薬剤を1本1本丁寧に塗布していきます。今回は、上の歯を6本、下の歯を6本塗布しました。

STEP3 照射
約40度のブルーライトを8分間、照射します。なるべく熱が逃げないように機械にタオルを巻きつけます。

STEP4 薬剤を拭き取る
照射後は、薬剤を丁寧に拭き落とします。その後、STEP2~4を2回繰り返し行い、合計3回塗布と照射を行います。