審美治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

「歯を白くする」、さまざまな審美治療

2018.07.17

歯科医院で行える『歯を白くする』 治療には、さまざまな方法がございます。それぞれの治療方法についてご紹介いたします。

歯を白くする審美治療の種類

クリーニング(PMTC)
歯科医院で本格的なクリーニング機材を使って、歯の表面についた汚れを落として、本来の白さに戻す方法です。
PMTC

ホワイトコート(歯のマニキュア)
歯の表面に白いレジンをマニキュアのように塗る方法です。効果は一時的なもので、塗る場所や生活習慣によって異なりますが、1ヶ月~3ヶ月程度は持続します。
ホワイトコート

ホワイトニング(漂白、ブリーチング)
歯に薬剤を作用させて漂白(脱色)していく方法です。ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。
ホワイトニング

ダイレクトレジンボンディング
歯の表面にハイブリッドセラミックス(セラミックの粒子を含む樹脂)を塗って固める方法です。奥歯の詰め物や前歯の隙間を埋める際に行われる治療です。
ダイレクトボンディング

ラミネートベニア
前歯の表面を0.5mm位削って、セラミックで作った付け爪のようなものを貼り付ける方法です。歯の色だけでなく歯の形もキレイにすることができます。
ラミネートベニア

セラミッククラウン
歯の表面全体を削って、セラミックの歯をかぶせる方法です。オールセラミック治療の場合、裏側まですべてセラミックを用いるため、驚くほど自然に仕上がります。
セラミック

それぞれの治療が与える天然歯へのダメージ比較

・左から右へ行く程、歯に対するダメージや切削量(天然の歯を削る量)が多くなります。
・クリーニング(PMTC)では、汚れを落として本来の歯の白さに戻すだけで、憧れの白い歯までは望めません。白い歯にする方法のうちで、塗ったり・削った り・貼ったり・かぶせたりせずに、自分自身の歯を本当に白くさせることができるのは、ホワイトニング・歯の漂白(ブリーチング)だけです。

記事ご協力
院長 : 古賀 浩子

ヒロ・デンタル・オフィス

院長 : 古賀 浩子 この医院の情報を見る