審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ノンクラスプ義歯について

入れ歯の針金が目立って気になる。目立ちにくくする治療法はありませんか?

部分入れ歯の場合、残っている歯に入れ歯の針金をかけてお口の中に固定します。このため、笑ったときに入れ歯の針金が見えてしまい、見た目が気になってしまうという方がいらっしゃると思います。入れ歯だけれども、目立ちにくい入れ歯を2つ紹介していきます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、金属の針金を使わない入れ歯のことを言います。金属の針金ではなく、弾性のある樹脂のウイングにより、歯を挟みこんで入れ歯を固定するタイプの入れ歯です。ピンク色の樹脂のウイングを使用するため、審美的に美しくお使いいただけます。

欠点としては、見た目はとても良いのですが、それ以外の性能が金属の針金を使った入れ歯より低くなってしまうことです。

  1. やわらかい樹脂なので、繰り返しの着脱や噛んだときの力により疲労して、壊れやすいです。
  2. 樹脂の性質上、お口の中の水分で劣化し、2年程で変色してしまうことが多いです。
  3. やわらかい素材であるため、噛むたびにたわんでしまい、ウイングをかけている歯や歯ぐきに対しての負担が大きくなります。入れ歯のサイズが大きくなればなるほど、力学的に不利になり、歯や歯ぐきへの負担が増える傾向にあります。
  4. 樹脂の性質上、材料の接着が難しく、強度の高い修理が難しいです。

以上の欠点より、1〜2本程度の小さな入れ歯で、噛む力がかかりにく見た目への影響が大きい部位が適応症になります。

 width=

クラスプ(針金)のオペーク加工

入れ歯の金属部分の表面に硬質レジンにより歯や歯ぐきの色を着色加工を行うことで、目立ちにくくする方法です。
また、健康保険適用の針金は構造が制限されていますが、自由診療で使用できる針金は、性能が高いものを選択でき、かつ目立ちにくい位置に針金を通すことができます。針金自体を目立ちにくい位置に通し、さらに表面に着色加工を行うことで、かなり目立ちにくくなります。
ノンクラスプデンチャーと比べて、入れ歯の性能も向上させることができるのが利点です。

 width=


以上の入れ歯に対する審美加工は、見た目に関する治療であるため、いずれも健康保険適用外です。

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

執筆者
山下歯科
院長 : 山下英明
医院紹介ページ >>

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る