審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

金属アレルギーの方のラバーダムを使用した治療について

ラバーダムとは

ラバーダムとは、正確にはラバーダム防湿といい、治療する歯が細菌に汚染された唾液などによって感染しないように行う処置のことを言います。

実は、人間の体の中でお口の中が一番細菌が多いところなのです。一般的に汚いとイメージされるお尻の細菌数と同等か、人によっては、それ以上の細菌がいる場合もあります。

そのため、特に歯の根の治療などにおいて、治療中に根の中に唾液が一滴でも入ることによって、治りが悪くなったり、再感染のリスクが高くなってしまいます。そこで、唾液による汚染を防ぐために、ラバーダムという感染の予防処置を行います。
ラバーダムは、ゴムのシートに小さく穴をあけて、金属やプラスチックの留め具で歯に固定するものです。
ラバーダムを使用することにより、治療部位への唾液の侵入を防ぐだけでなく、薬液がお口の中や喉に流れ込むのを防ぐことが出来ます。

たいていの患者様が、ラバーダムを使用して治療することにより、お薬が流れることによる不快感が減少するためか、すやすやとお休みになる方が多いです。

ラバーダムを使用して治療をするには

患者様の歯を守るために不可欠なラバーダムですが、こちらを使用するためには、歯の形がある程度残っているか、もしくは留め具をかけるための「隔壁」と言う歯の補強が必要です。
ただ、隔壁は、残念ながら保険診療の中には一言も明記されていないので、作成できる歯科医師と作成できない歯科医師が存在するかもしれません。

重度の金属アレルギーの方においては、金属を取り除く際に、ラバーダムを使用することがあります。この場合は、金属の破片がお口の中やのどの中に流れていかいないよう、金属の暴露を防ぐために使用します。
金属アレルギーの患者様の中には、ラバーダムを使用せずに金属を取り除いた後は、一時的にアレルギーがひどくなったが、ラバーダムを使用して金属を取り除いた際には、一時的にアレルギーがひどくなることもなく、とても楽だったと言う方もいます。

金属アレルギーでお悩みの方は、金属を取り除く際にも、ラバーダムを使用してもらうと、よりアレルギーの改善が早いといえるかもしれません。

※治療結果は患者様によって個人差がございます。

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る