審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

審美歯科・ホワイトニングのホワイトホワイト

スーパーホワイトセラミック
〜より白さと明るさを高めたオールセラミッククラウン〜

「セラミックのクラウン(被せ物)の治療」と一言でいっても、使用素材やドクターの技術などによって、様々な治療方法が存在します。
今回はそんなセラミッククラウンの治療の中でも、より審美性に優れ、長期に渡って美しさをキープすることができる素材、「オールセラミッククラウン」の特徴と、そのオールセラミッククラウンをさらに白くした新しいセラミッククラウン「スーパーホワイトセラミック」についてご紹介します。

まず、オールセラミッククラウンとは

オールセラミッククラウンとは、クラウン(被せ物)の素材が、全てセラミックで作られているものを指します。
オールセラミッククラウンの特徴は、自然の歯に近いツヤと透明感を持ち、金属などを含まないことから、変形などの劣化を起こしにくいという点です。また、金属アレルギーの方にもご使用いただけ、過去の治療による歯ぐきの黒ずみを起こしている状態を、オールセラミッククラウンに替えることで改善することができます。
オールセラミッククラウンのデメリットは、素材がレジン(プラスチック)や銀のものよりも治療費が高く、技工所やドクターの高い技術が要求されます。きちんとした実績のある、審美歯科治療や美容歯科治療を行っている医院にて、治療を受けることが大切です。
また、オールセラミッククラウンの特徴である、透明度の高さを生かすには、クラウンの中の土台にも、金属を使用しない白い土台を使用するととてもキレイに仕上がります。こうした点にも配慮して、治療を選択されることをお勧めしています。

「白い歯が命!」の方のために開発されたスーパーホワイトセラミックとは

セラミックの中でも、オールセラミックは他の素材よりも高い透明度と、自然な白さとツヤを持った素材です。そのオールセラミックを使用し、従来の素材よりも白さを高めたのがスーパーホワイトセラミックの治療です。「真っ白な歯にしたい!」と希望される方々のために 開発された、新しいセラミック治療です。
歯ぐきの0.5ミリ内側から立ち上げる左上が、スーパーホワイトセラミック用の歯の色のガイド、右が、通常の治療に使う歯の色のガイドです。 透明度や明るさが通常の治療に比べて数段高く、輝くような白さを持ったクラウンになっています。
お色だけでなく、スーパーホワイトセラミックの素材はオールセラミックですので 治療後に変形・変色・歯ぐきの黒ずみなどを引き起こしにくく、長期間に渡って まっ白な美しさをキープすることができます。 特にW2〜W3が人気で、より明るい歯の色を希望して来院したみなさんが、ご納得されている治療です。「芸能人のような、まっ白な歯にしたい!」とご希望の方に合った治療法です。

オールセラミッククラウンの治療例

オールセラミッククラウン治療前
▲ 被せ物の黒ずみを治したいと
希望され、来院
オールセラミッククラウン治療後/>
▲ オールセラミック治療後

オールセラミッククラウンへのこだわりをチェック!

歯ぐきの0.5ミリ内側から立ち上げる

1.歯ぐきの0.5ミリ内側から立ち上げる技術

ドクターの高い技術力により、歯ぐきの0.5ミリ内側からクラウンを立ち上げることができます。
歯ぐきのラインよりもわずかに低い位置の歯を削ることで歯ぐきの内側にクラウンを入れ込むことができ、自然に生えているように見せることができるのです。より、ご自分の歯に近い状態にするためこの0.5ミリにこだわっています。
自然なグラデーション

2.歯の根元から先端にかけてのグラデーション

歯の色は一色ではありません。
歯の根元から先にかけて、何層もの色がグラデーションのように重なっています。
白一色の不自然な歯にならないよう周囲の歯と合わせた、自然な色みを表現します。ご自分の歯と見分けがつかない程自然な仕上がりになります。
透明感のある歯の先端

3.歯の切端には透明感

切端(せったん)とは、歯の先端のことです。
歯の先は半透明のエナメル質が厚いため透明感があります。
この透明感をオールセラミックで表現することにで、より自然な歯に見せることができるのです。
?

4.歯の裏側も自然な白さに

使用するオールセラミッククラウンは裏側も自然な白さに合わせます。 歯の裏を覗き込んだら金属が…ということもなく口を開けられます。
ファイバーコア

5.土台には白いファイバーポストコアを使用

見えない、内側の土台にもこだわります。
写真で使用している土台はグラスファイバー製のファイバーポストコアを使用しています。
透明感のあるオールセラミックのクラウンを被せると、ご自分の歯のように自然な白さに見えます。金属を含んでいないので、歯茎の変色や黒ずみを引き起こすこともありません。

あなたのお顔に合わせたクラウンをつくります

目や唇の来院と歯の切端のライン
※こちらは実際に治療された方ではなくお顔と歯のバランスを見ていただくためのモデルです。

1.目と唇のラインと、クラウンの切端を揃える

通常、技工所にセラミッククラウンを作ってもらう場合、歯型やお口周りのデータのみを技工所に送ります。ですが、よりお顔に合ったクラウンを作るためお顔全体の写真を、歯型などのデータと一緒に送ります。
目のラインや唇のラインと、クラウンの先(切端)のラインを揃えることで、より自然で美しい歯並びに整えることができます。

2.顔の縦の中心線と歯軸を平行にする

顔の縦の中心線を正中(せいちゅう)と言います。
この正中のラインと、歯軸(しじく:歯の縦の中心線)を平行に揃えることで、よりお顔になじんだ歯並びに整えることができます。
正中のラインも個人により、微妙に異なりますのでお口を開けた時に、より自然に見える歯並びをご提供しています。

3.歯の色調を正確に把握し、クラウンをデザインする

歯の色みを撮影する際に、色調を正確に把握できるよう、特殊なカメラを使用します。
さらに撮影したデジタルデータを技工所に送り、技工所では歯1本の画像をパソコン画面いっぱいにまで引き延ばします。
こうして歯の微妙な色調を正確に把握し、クラウンの色と形をデザインしていきます。ご自分の歯と限りなく近づけるためこうした細かな作業にこだわっています。
※治療の効果は、歯科医院や取り扱い素材や患者様により個人差があります。

審美歯科 ホワイトニング ホワイトホワイト
資料提供
ホワイトホワイト・恵比寿本店
ホワイトホワイト・ルミネ新宿店
ホワイトホワイト・ルミネ有楽町店
総院長 : 石井 府中

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る