審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ブリッジとは?

ブリッジの構造
▲ ブリッジの構造
ブリッジとは歯を失ってしまった場合に、両隣の歯を削り土台にして、そこに橋をかけるように人工の歯をかぶせる治療法です。失ってしまった歯の本数が1本や2本など、比較的少ない場合の治療に向いています。
失ってしまった歯が生えていた場所や土台となる歯の健康度、噛む力など総合的に診断して作られます。

ブリッジは健康保険が適用できるので費用を抑えることができ、見た目や機能の回復が期待できますが、症状によりブリッジが選択できない場合もあります。
また、失ってしまった歯のための治療法としてはブリッジの他にインプラントがあります。

ブリッジで使用する人工の歯(ポンティック)

■形について
失ってしまった歯のかわりに、ブリッジ治療で使う人工の歯のことをポンティックといいます。 このポンティックには様々な形があり、ブリッジ治療の見た目や機能、舌触りなど、それぞれ大切な意味を持っています。
ブリッジの歯の形についてはこちらから
■素材について
ブリッジ治療は保険も適用できますが、自費治療でオールセラミックを使った被せ物を作ることもできます。
前歯のブリッジ治療に使われる素材についてはこちらから
奥歯のブリッジ治療に使われる素材についてはこちらから

ブリッジのメリット

  • 見た目が自然な仕上がりになる
  • 土台となる歯に接着する固定式なので、違和感が少ない
  • 治療期間が短い
  • 治療費を抑えることができる(保険適用の場合)

ブリッジのデメリット

  • 周囲の歯を削らなければいけない
  • 土台となる健康な歯がない場合には、ブリッジができない
  • 歯のない部分の骨が次第にやせていくことがある
  • 歯茎とブリッジの隙間に食べ物が溜まってしまうことがある

制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る