審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

APF(Apically Positioned Flap surgery ) 〜 
歯根保護と歯肉回復治療法

APF ( 歯肉弁根尖側移動術 ) とは?

歯肉が狭い場合や、歯周病などで、深い歯周ポケットがあった場合に、シャローサルカス ( 健康で生物学的幅径を保っている良好な状態 ) を形成したり、歯肉を維持または増加させたり、歯周ポケットの除去を目的とした治療方法です。
術後は歯根が露出するため、知覚過敏や二次う触が起こりやすいため、十分なプラークコントロールが必要とされます。

APF 治療の流れ

骨膜を切開します。 1.骨膜を骨に残すように切開します。
歯石や菌を除去します。 2. 歯石や病原菌に侵された部分はきれいに除去します。
縫合します。 3. 切開した歯肉の先端を根尖側に移動させて、縫合します。
良好な状態になります。 4. 歯肉は歯冠側方向に向かって治癒していき歯周ポケットの無い良好な状態になります。

治療説明TOPへ戻る


歯の名前

歯の役割

虫歯の色々

虫歯以外のトラブル


このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る