審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

知覚過敏の治療

知覚過敏の治療法には、しみるのを防ぐ薬をぬったり、詰め物を詰めて刺激が伝わるのを防ぐ方法があります。

<薬を塗る>
歯の象牙質に薬を塗って、刺激が伝わりにくいようにします。
歯磨き治療を合わせると効果が表れます。

<詰め物を詰める >
歯の表面が削れていたり、損傷が大きくなって刺激が伝わりやすくなっている場合は詰め物で埋めて刺激が伝わるのを防ぎます。

< 歯の神経を抜く(抜髄)>
知覚過敏が重症の場合は歯の神経を抜きます。しかし歯の神経を抜くと歯はもろくなってしまうため、最終手段として用いられます。

<その他>
イオンを導入したり、レーザー治療で歯垢をためにくくして知覚過敏を予防するといった治療法もあります。

治療説明TOPへ戻る


歯の名前

歯の役割

虫歯の色々

虫歯以外のトラブル


このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る