審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ホワイトニングの仕組み

ホワイトニングの例

※白くなる度合いは
個人差があります。

ホワイトニングによって歯はどのように白くなるのでしょうか?

それは、ホワイトニングのお薬に用いられている過酸化水素もしくは過酸化尿素が、着色成分である有機質を分解し脱色をするため、歯が白くなります。当院では過酸化尿素を使用しています。下の図をご覧下さい。

この図は過酸化尿素が分解され、歯の着色に作用する物質が生成されるまでを簡単に説明したものです。最終的に、ハイドロぺルオキシラジカル(HO2)、あるいはハイドロキシラジカル(HO)というフリーラジカル(活性酸素)が生成されます。

このフリーラジカルにより、歯に蓄積されている着色成分である有機質を分解し、脱色をするため、歯が白くなるのです。えっ!?活性酸素って体に悪いんじゃないの?と思うかもしれません。確かに体内で生成されれば良くありませんが、ホワイトニングの場合は歯の中で生成されます。しかも、この活性酸素は発生してから消えるまで、100万分の1秒という超短時間しか存在しません。 それに加え、発生した場所にしか作用しないので全く心配はありません。

?
資料提供
尾島クリア歯科
院長:林崎 雅樹先生
医院紹介ページ >>

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る