審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

付け八重歯ブームが気になる!

付け八重歯八重歯がチャームポイントの女性に憧れ、付け八重歯に興味を持つ方が増えているそうです。ここでは、八重歯になる理由と問題点や、付け八重歯について受診するときの注意点などをご紹介します。

八重歯になる理由と問題点

八重歯そもそも八重歯とは、不正咬合(上下の歯が適切に噛み合っていない状態)の一種で、顎の骨が小さいために正しい位置に歯が生えるスペースがないことや、乳歯から永久歯へスムーズに生えかわることができなかったことなどによって起こります。八重歯があると次のようなことが問題となります。

■ 八重歯の問題点

日常生活に支障をきたすこともあるため、八重歯を歯列矯正によって改善する方が多いことも現状です。

  • でこぼこの歯並び(叢生)であることが多く、ブラッシングが難しく、虫歯や歯周病を引き起こしやすい。
  • 食事中や転倒した際に、八重歯で唇や舌を噛んでしまい、怪我をしたり、口内炎ができやすかったりする。
  • 噛み合わせの問題となることがあり、顎関節症の原因となったり、胃腸に負担をかけたりすることがある。

付け八重歯について 〜付け八重歯とは?

歯科で作製した人工歯を歯に付けます。付け八重歯には、自分自身で取り外せるタイプのものと、取り外せないタイプのものがあります。お口の状態によって施術内容や費用が異なるので、施術前にしっかり確認しましょう。なお、付け八重歯は病気を治すことを目的としていないため、健康保険が適応されず、そのほとんどが自費治療(自由診療)となります。

施術を受けるときの注意点

付け八重歯はすべての歯科医院で受けられる施術ではありません。受診したい歯科医院があれば、事前に問い合わせしておきましょう。

【注意点】

  • 施術のメリットとデメリットを歯科医師に確認し、納得したうえで受診しましょう。
  • でこぼこの歯並びの方が施術を受けると、ますますブラッシングが難しくなり、虫歯歯周病を引き起こしやすくなることが考えられますので歯科医師とよく相談しましょう。
  • 食事中や転倒した際に、八重歯で唇や舌を噛んでしまい怪我をしたり、口内炎ができやすかったりすることがありますので注意しましょう。
  • 神経を取る処置を行う場合、歯を大きく削ることが多く、歯が薄くなりやすい傾向にあります。その場合、健康な状態よりも割れやすくなるため、施術後に歯のトラブルを抱えやすくなることがあります。
制作 : 審美歯科ネット

治療説明TOPへ戻る


審美治療を知ろう!
治療説明
基本のキホン
歯の豆知識
歯の豆知識
美人の法則

このページの先頭へ
  • 岡 正彦 院長先生(東京三鷹審美歯科センター)に一日密着取材
  • 大多良 俊光 院長先生(青山通り表参道歯科クリニック)に一日密着取材

最新の審美歯科治療や、ホワイトニング、白い歯にするセラミック治療など、
患者様が気になる治療テーマをピックアップ!わかりやすく解説します。

  • 銀座池渕歯科 特集レポート
  • ホワイトホワイト 特集レポート
  • 上高井戸歯科医院 特集レポート
  • 青山通り表参道歯科クリニック 特集レポート
  • AO1 DENTAL CLINIC 特集レポート
  • 特集!審美歯科ネット 特集レポートを見る