お悩み

銀歯を白くしたい

銀歯を白くしたい

公的医療保険が適用されない自由診療の被せ物や詰め物には種類があります。銀色を白い被せ物や詰め物にする場合、材質によって見た目や強度、費用などが異なります。あなたのお悩みを解決できるいくつかの方法を紹介します!

金属を使用する被せ物

強度が高い
金属を使用する白い被せ物とは?

金属を使用する被せ物

金属を使用する白い被せ物には、金属のフレームの上にセラミックを被せたメタルボンドクラウンがあります。金属とセラミックの二重構造により耐久性があり、奥歯にも適用します。セラミックだけの被せ物に比べると、金属を使用しているため金属アレルギーの方には不向きです。

金属を使用しない詰め物

銀色の詰め物を目立たなくする
金属を使用しない詰め物とは?

金属を使用しない詰め物

金属を使用しない詰め物の種類には、陶材で作られたセラミックインレーや、セラミックとレジン(歯科用のプラスチック)を混ぜて作るハイブリッドセラミックインレーなどがあります。銀歯と比べて審美性が高い。材質によっては、まれに強い力が加わると欠けたり割れたりする場合もあります。

金属を使用しない被せ物

セラミック材料の
金属を使用しない白い被せ物とは?

金属を使用しない被せ物

金属を使用しない被せ物は、金属アレルギーのリスクがありません。セラミック材料は大きく分けてセラミック(陶材)とジルコニア(人工ダイヤモンド)があります。セラミックは審美性が高く前歯に適応し、ジルコニアは耐久性があるので奥歯に適応します。

金属を使用しない被せ物対応の歯科医院はこちら!
  • 目立つ銀歯、笑顔に自信がもてますか? あなたにより合うセラミック治療を提案 国際デンタルクリニック 初診相談無料