タバコによる黄ばみ(ヤニ)の落とし方は?

タバコによる黄ばみ(ヤニ)の落とし方は?

タバコを吸うとヤニがつくのはなぜ?

タバコにはニコチン、一酸化炭素、タール(ヤニ)が含まれています。

タール(ヤニ)は植物などに含まれる樹脂のことです。

タバコに火をつけると熱分解により発生し、ねっとりとした脂っぽさとこびりつきやすさがあり、色や臭いにも特徴があります。
タバコの煙が白い壁紙に付くと黄色っぽく汚れたり、服につくとタバコ臭くなります。
また、タバコを吸う歯は黄ばみ、歯茎にもダメージを与えます。

着色汚れや歯の黄ばみをステインと言い、タバコのヤニは強力なステインであり
簡単に落とすことが難しいです。

タバコのヤニを落とす方法とは

タバコのヤニや黄ばみは一度ついてしまうと自力で取ることは非常に困難であるため、歯科医院で取ることをおすすめします。
まずは歯科医院で歯の健康状態を確認してから、ステイン除去、ホワイトニングにうつりましょう。
ステイン除去を効果的に行うためにも歯垢除去を先に行うと良いでしょう。

タバコのヤニをつきにくくするには

禁煙することで、タバコによるヤニ・黄ばみは歯に付かないでしょう。
しかし禁煙は中々難しいものです。
禁煙するのは無理ならば口内環境を整えて、白く健康な歯を目指しましょう。
そのためには普段の歯磨きをしっかりと行い、定期的に口内の衛生状態や歯の健康を歯科医院でチェックしてもらいましょう。
その上でステイン除去や歯石除去を行い、白い歯を目指していきましょう。

ホワイトニングを併用した場合

一旦歯に着いた頑固な黄ばみは、ホワイトニングで取ることが可能になります。
タバコで付いた黄ばんだ歯をホワイトニングによって白い歯にすることが期待できます。

地域別に検索できます!

CONTENTS CATEGORY