歯のセルフケア

「ニオイ」で分かる口臭の原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

口臭にも人によってニオイの違いがありますよね?

実は、どんなニオイがするかによって、口臭の原因がわかることがあります。

もし身近に「最近、口臭が…」というような人がいたら、原因を探ってみても良いかもしれません。

「ニオイ」で分かる口臭の原因とは?

消化器系&呼吸器系のトラブル

胃腸が弱っているときには、「卵が腐ったような硫黄っぽいニオイ」の口臭がしやすくなるそうです。

肉が腐ったようなニオイ」がする場合、胃がんや食道ヘルニアといった消化器系の病気が考えられます。

また、気管支拡張症や肺結核、肺腫瘍、肺がんなどでも同じようなニオイがすると言われています。

肝機能&腎機能障害

肝臓が弱ると「カビた雑巾のようなニオイ」の口臭になってしまうことも。

肝硬変や肝臓などの肝機能障害が起きた場合は、口臭が「アンモニアのようなニオイ」になりやすく、さらに、腎不全といった腎機能低下の場合も、アンモニア臭もしくは「魚が腐ったようなニオイ」が出てきます。

糖尿病

生活習慣病のひとつである糖尿病。

糖尿病の人の場合、アセトン臭と呼ばれる「リンゴが腐ったような酸っぱくてやや甘いニオイ」となることが多いようです。

歯周病

歯周病は、細菌によって歯ぐきに炎症が起きる病気です。

症状が進行すると、細菌が大量に繁殖し、ときには膿が溜まってくることがあります。その細菌のかたまりや膿から悪臭がでてきます。

このニオイの原因は、揮発性硫黄化合物といわれるメチルメルカプタンや硫化水素などのガスです。メチルメルカプタンは「腐った玉ねぎのようなニオイ」、硫化水素は「腐った卵のようなニオイ」とよく形容されます。

虫歯

虫歯が進行してしまって歯に穴があくと、その中に食べかすなどが詰まって腐敗し、そのニオイが口臭となることがあります。

これは「魚やチーズが腐ったようなニオイ」というような、強い腐敗臭が特徴です。

虫歯がさらに悪化すると、神経が腐り、膿がでてくることがあります。この膿のニオイも口臭の原因となります。

口臭の原因は、お口の中がほとんど?!

お口の中からのニオイは、歯周病や虫歯のほか、舌にある舌苔(ぜったい)や、口内に残った食べカス、唾液の量が減少するドライマウスなどが原因です。

口臭の原因はその多くがお口の中からとも言われていますので、歯医者さんにきちんと通って、健康な歯とお口を保つことは口臭予防につながります。

ただし、中には上記のような体の中の病気が原因になっていることもありますから、心配があれば医療機関を受診してみてくださいね。234

歯医者さんのホワイトニングを知る!

ホワイトニングのQ&A

歯科医院で行うホワイトニングについて、わかりやすくご紹介しています。

・ホワイトニングにかかる費用

・ホワイトニングの効果

・ホワイトニングのメリットと留意点

・ホワイトニングの安全性

・ホワイトニングの流れ ・・・等

安全にホワイトニングを受けて、健康で美しい白い歯を目指しましょう!!

ホワイトニングに関する治療説明を読む

CONTENTS CATEGORY