歯のセルフケア

ちゃんと歯、磨けてる?デンタルフロスでカンペキな歯みがきを目指すコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯間ブラシやワンタフトブラシなど、細かい部分を磨くデンタルケアグッズはいろいろありますが、歯と歯と間の「隣接面」をキレイにするには、なんといっても「デンタルフロス」がオススメです。

ちゃんと歯、磨けてる?デンタルフロスでカンペキな歯みがきを目指すコツ

なんでデンタルフロスがいいの?

歯の表側や裏側はブラッシングのときに歯ブラシも届きやすく、普通にしていても唇や頬の内側が当たり、だ液に触れる時間も長いので、多少磨き残しがあっても体の自浄作用がある程度働きます。

でも、歯と歯の間はとても狭くて触ることもできず、隠れて見えない場所になるので、自分でも気づかないまま汚れがたまりやすく、そして汚れが取りにくいのです。

シロイハコラム_歯と歯の間の汚れ

歯と歯の間は歯ブラシの毛先も届きにくく、磨き残しが多く、虫歯や歯周病などのトラブルが始まる場所になりがちです。

特に隣同士の歯と歯が接している接触点にはほとんど隙間がないため、フロスのような細い繊維を通さなければ、汚れをとるのが非常に難しいのです。

いろいろなデンタルフロス

デンタルフロスには、糸巻き状になっていて指に巻いて使うものと、ホルダーに糸が付いているいわゆる「糸ようじ」型のものがあります。

指で巻いて使うタイプは慣れるまでちょっと大変かもしれませんが、歯の側面のカーブにぴったりとフィットさせて使うことで、汚れをしっかりと取ることができます。

ホルダー型の柄のついた「糸ようじ」タイプのものは、柄の形に種類がありますので、自分が使いやすいものを試してみたり、使い分けたりしてもいいでしょう。フロス初心者や子どもでも手軽に使うことができます。

最近では水を空気で噴射するエアーフロスも登場しています。不器用で糸のタイプがどうしてもうまくできない方や、時間の短縮がしたい方にオススメですが、電動歯ブラシのフロス版といった感じですので価格もそれなりにします。

フロスの素材の選び方

フロスの糸にはワックス加工がされているものと、ワックス加工がされていないものがあり、繊維の素材もメーカーや商品よって色々な工夫がされています。

ワックスタイプのほうが滑りが良く、歯と歯の隙間がきつくてフロスが通りにくい方や、詰め物や被せ物の治療のあって、フロスの糸がひっかかりやすい箇所が多い場合にオススメです。ワックスにミントなどのフレーバーがついていたり、フッ素がついているものもあります。

ノンワックスタイプは、繊維がワックスで固められていないぶん歯のデコボコに沿って汚れを落としやすいといわれています。比較的治療のあとが少ない歯の状態のほうが使いやすいかもしれません。歯と歯の隙間がきつすぎたりするとフロスが途中で切れやすくなる場合があるので、そんな時はワックスタイプを試してみましょう。

使うタイミングは?

デンタルフロスは歯ブラシでは落としきれない汚れを落とすので、歯ブラシでブラッシングした後に使います。毎回の歯みがきごととはいわなくても、一日に1回はフロスを使ってしっかり汚れをとる歯みがきタイムを作りましょう。特に夜寝る前の歯みがきでは、ちゃんとフロスも使って磨き残しの汚れをとるのをオススメします。

眠っている間は口の中に細菌が繁殖しやすく、磨き残しがある口の中では、虫歯や歯周病、口臭のといったトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。でも、寝る前にきちんと汚れを落としておくと、そういった歯とお口のトラブルを防ぐこともできます。

歯と歯の間がせますぎてうまく入らない・・・コツはある?

歯と歯の隙間がせまくて、なかなかフロスが入らない!といったことはありませんか。力まかせにグイッといれると、歯ぐきに当たって痛みがでたりすることがあるので気をつけましょう。

フロスを左右にジグザクに、小刻みに動かしながら入れていくと案外すんなり歯と歯の隙間を通せます。これは、ホルダー型のフロスでも同じです。奥歯にうまくフロスが通せないときは、奥歯にも届きやすい形状になっているY字型のホルダータイプを使ってみましょう。

フロス使い方floss2 左右に小刻みに動かしながら歯の間を通す

シロイハコラム_kk_歯ブラシ(フロス) (Y字型ホルダータイプ)

歯と歯の間に通したあとは、フロスの糸を歯の側面のカーブに沿わせるように動かすと、汚れをしっかりと取りやすくなります。指に巻いて使う場合は、自分でフロスの張り具合や角度を調節して歯に沿わせやすいですが、ホルダー型のものは糸の張りの調整ができません。糸がややたるんでいるものを選ぶと、歯の側面に沿わせやすくなります。

うまく使えなかったら、プロに相談!

デンタルフロスを使ってみることにしたものの、どうしてもうまく使えないという場合、やっぱりプロに相談するのが一番です。

定期検診のときなど、歯医者さんで相談してみましょう。実践で教えてもらうと、使い方がよくわかります。

また、薬局でも様々なデンタルフロスが販売されていますが、取り扱いが基本的に歯科医院だけで、歯医者さんに行かないと手に入れることができないという歯科専売品のフロスもあります。

歯医者さんの品揃えにもよりますが、歯の被せ物や詰め物、治療中、治療後の状態、隙間の広さなどに合わせて、特殊な糸を使ったフロスがあります。それぞれの用途に合わせて作られていますので、歯科衛生士さんに自分に合ったものを選んでもらいましょう。

歯みがきは毎日のことなので、ついつい適当にしてしまいやすいですが、日頃の歯みがきの完成度があなたの将来のお口の状態を左右するといっても過言ではありません。

03_073歯ブラシ+デンタルフロスで、よりカンペキな歯みがきを目指しましょう!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

歯の色を白くすることで、あなたの第一印象が変わるかも?!

◇ ホームケアと歯科医院の違いって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングはここが違う

◇ オフィスホワイトニングの気になる疑問 ・・・他

歯医者さんでホワイトニングを受けてみたいと思っている方、必読の特集です!

ホワイトニング特集ページを読む

CONTENTS CATEGORY