歯のセルフケア

ウワサの歯を白くする方法、塩レモンって大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

歯医者さんに行かずして歯を白くできるとウワサされる方法がいくつかありますが、今回はその中でも“塩レモン”についてご紹介します。

レモンと塩を使って本当に歯は白くなるのでしょうか?
歯にとって負担はないのでしょうか?

ウワサの歯を白くする方法、塩レモンって大丈夫?

塩レモンってなに?

ウワサの塩レモンと呼ばれている方法は、天然の粗塩にレモン汁を数滴垂らしたものを歯磨き粉代わりに利用するという方法です。

これで歯が白くなるということですが…
まずはそれぞれが歯や歯ぐきに対してどんな効果をもたらすのかを確認してみましょう。

塩の効果ってなに?

塩は歯ぐきを引き締める効果や炎症抑制作用、唾液分泌促進効果が期待できます。

一方で、歯ぐきが腫れたり炎症を起こしているところに付着するとその症状を悪化させたり、また浸透圧の関係で口内の粘膜を傷めてしまう可能性が心配されます。

レモンが歯を白くするの?

では、レモンにはどんな効果があるのでしょうか?

レモンを見て唾液が出た経験をしたことがある人もいるかもしれません。

唾液はお口の中や歯にとって、様々な酵素やホルモンなどを含んでいるとても大切な分泌物です。
唾液分泌が足りないとドライマウスなどのトラブルが起こることもありますので、レモンによる唾液分泌自体は歯やお口にとってメリットといえるでしょう。

でも「歯を白くする」という効果に関しては、レモンの成分のクエン酸が歯の表面のエナメル質を溶かすことで、むしろデメリットがあるようです。

正しい知識で歯を守る!

恐らくレモンのクエン酸で歯の表面が溶けて一時的に白く見えた、というようなことがきっかけで「塩レモン」で歯が白くなるとウワサされていたのかもしれません。

でも、冷静に判断すると、歯にとって塩レモンを歯磨き粉代わりにすることが良いとは考えにくいでしょう。レモンの酸で溶けたエナメル質を粗塩でゴシゴシこすることで、エナメル質が傷つき、歯を白くするどころか逆にダメージを与えてしまうことも考えられます。

他にもこういった様々なウワサがネット上などに存在しているかもしれませんが、大事な大事な自分の歯、正しい知識でちゃんと守ってあげたいですね。

歯医者さんのホワイトニングを知る!

ホワイトニングのQ&A

歯科医院で行うホワイトニングについて、わかりやすくご紹介しています。

・ホワイトニングにかかる費用

・ホワイトニングの効果

・ホワイトニングのメリットと留意点

・ホワイトニングの安全性

・ホワイトニングの流れ ・・・等

安全にホワイトニングを受けて、健康で美しい白い歯を目指しましょう!!

ホワイトニングに関する治療説明を読む

CONTENTS CATEGORY