歯のあれこれ

エイジングケアには◯◯を出せ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

エイジングケアしていますか?

年を重ねるごとに、どんどん気になる「シワ」「しみ」「くすみ」「たるみ」などのお悩み。なんとかしてお肌の劣化を食い止めるために、高い化粧品を使ってみたり、マッサージしてみたり、エステに行ってみたり、いつまでも若々しくキレイな美肌でいるためには、それなりの努力が必要ですね。

ところで、誰でもやっている日常の「あること」を気をつけるだけでも、エイジングケアの効果があるってご存知ですか?

よく噛んで、唾液を出す!たったそれだけ

体の健康を保ち、老化防止に役立つ日常生活のポイント。

それは、ずばり「よく噛む」ということです !cheerful female eats vegetable salad

現代人は「噛む」回数が減ったと言われていますが、「よく噛む」ことによって、ヨダレ、つまり唾液がたくさん分泌されます。「唾液」は虫歯を防いだり口の中の健康を保つ役割がありますが、実は体の若さを保つための思いがけないパワーを秘めているのです。

唾液の中の若返りホルモン

唾液の出る唾液腺のひとつ、「耳下腺」から分泌される唾液腺ホルモンに「パロチン」という物質があります。唾液の中に含まれているこの「パロチン」は成長ホルモンの一種です。筋肉や内蔵や骨・歯などの組織の成育を促進させ、体の中から若々しさを保ってくれる作用を持っています。

そしてその作用の中には、お肌の新陳代謝を活発にするはたらきや、壊れた組織を修復するはたらきがあります。

つまり、体の中から美肌をつくってくれる効果があるのです!270

成長とともに減少するパロチン、でも・・・

パロチンは幼小児期に特にたくさん分泌されます。成長して、20代半ばで体が成熟してくると、その分泌は低下します。加齢により唾液の分泌量が減少していくと同時に、「パロチン」の分泌も減少してしまうのです。

Growing first teeth     でも!

成人してからでも、「よく噛む」ことに気をつけて、副交感神経を刺激し唾液をたくさん分泌させることができれば、パロチンも一緒に分泌されます。つまり、「よく噛む」だけでこの若返りホルモン「パロチン」の分泌は増やすことができるのです!

唾液を出すにはどうしたら?

「よく噛む」の目安はひとくちにつき30回です。顔に歪みがでてしまうといけないので、片側だけ使って噛まずに、左右のアゴを均等に使うように気をつけて。「よく噛む」とパロチンが分泌されるだけでなく、食べ過ぎ防止や消化促進にもなります。

でも毎回毎回、そんなにゆっくり食事をしているヒマがない!という場合は、耳たぶのすぐ横にある耳下腺を優しくマッサージして、サラサラな唾液を出してあげるのも効果的です。

シロイハコラム_m_E880B3E4B88BE885BA

当たり前ですが、年齢を重ねても自分の歯が多く残っている人ほど、「よく噛む」ことができます 。

健康な歯を維持していなければ「よく噛む」のは難しいですね。歯の健康に気をつけるということは、虫歯や歯周病の予防になるだけではありません。

いつまでもキレイな歯を保ち、よく噛んで、若々しいお肌と体を維持していきましょう!!

歯医者さんのホワイトニングを知る!

ホワイトニングのQ&A

歯科医院で行うホワイトニングについて、わかりやすくご紹介しています。

・ホワイトニングにかかる費用

・ホワイトニングの効果

・ホワイトニングのメリットと留意点

・ホワイトニングの安全性

・ホワイトニングの流れ ・・・等

安全にホワイトニングを受けて、健康で美しい白い歯を目指しましょう!!

ホワイトニングに関する治療説明を読む

CONTENTS CATEGORY