歯のセルフケア

入れ歯は避けたい・・・歳をとっても丈夫な歯を残すためのセルフケアとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

厚生労働省が推奨する「8020運動」をご存知ですか?

この運動は、80歳で自分の歯を20本以上残そう!という趣旨の運動です。

なぜ20本以上の歯を残したいのかというと、人間は20本以上歯があれば、ほぼ支障なく食事を楽しむことができると言われているからです。

何歳になっても自分の歯で食事を楽しみたいという気持ち、誰でも持っていますよね?

Smiling woman eating salat

良く噛むこと!

歳をとっても歯をできるだけ多く残すために何より大切なことは、しっかりと咀嚼すること

「咀嚼」とは「よく噛む」ということです。

人間は、食べ物を食べたときに咀嚼をすることで口元の筋肉や骨格が発達しますが、歯を丈夫にするためにもこの「よく噛む」という行動はとても大切です。

最近は柔らかい食べ物が多くなり、若者のアゴが細くなっているという指摘もあるようですが、歳をとっても丈夫な歯でいるためには、よく噛むことを意識することが重要なのです。

ひと口につき30回を目安に噛みましょう。

普段の食事に、玄米や根菜類などのよく噛める食品を取り入れるのもおすすめです。

十分な栄養を摂る!

ダイエットで食事制限をしている女性も多くいますが、丈夫な歯を作るためにはバランス良く栄養を摂ることも大切です。

健康な歯を維持するためには、タンパク質、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンD、カルシウム、リンなど様々な栄養素が必要です。

これらの栄養を1日で全てまんべんなく摂取するのは難しいですが、数日~1週間単位などで栄養バランスを考えて調整してみてはいかがでしょうか。

「歯」だけでなく、骨や皮膚、内蔵など、人間の体は全て自分が食べた物で作られています。

好きなものだけを好きなように食べるのではなく、栄養バランスを少し意識してみるだけでも、将来の健康状態が変わってくるかもしれません。

デンタルフロスやデンタルリンスを活用

歯ブラシだけの歯磨きでは、歯の奥や裏側、歯と歯の隙間までキレイに磨くことはなかなか難しいことをご存知ですか。虫歯が一番できやすい場所は、歯と歯の間です。この部分の磨き残しは虫歯の大きな原因となります。

また、虫歯と同じくらい危険なのが歯周病。歯周病も、磨き残しの汚れによって発生します。例え虫歯がなくても、歯周病になると歯の根が溶けてしまい、最悪の場合は歯が抜けてしまったりするので、歯ぐきの健康にも注意しておきたいところです。

そこで活用したいのが、デンタルフロスやデンタルリンスなどといった、歯ブラシ以外のデンタルケアグッズ。

特にフロスは、歯ブラシで届かない歯と歯の間の汚れを落とすのに活躍してくれます。デンタルリンスは虫歯や歯周病、口臭の予防に役立ちます。

歯ブラシと一緒にいろいろなデンタルグッズを併用して、虫歯や歯周病のリスクを減らしてみてはいかがでしょうか。

健康で美しく年齢を重ねるためのデンタルケア

健康で美しい白い歯は、体の中も外も若々しく健康でいるために重要なポイントとなります。

歯は単に食べ物を噛み砕くだけの道具ではありません。歯の健康を保っていれば、それは体の健康につながります。

さらに、虫歯や歯周病のない状態にプラスして、美しい白い歯であれば、外見の若々しさを保つこともできます。

将来1本でも多くの自分の歯を残したいと考えているなら、セルフケアに力をいれることも大切ですが、より健康で美しく年齢を重ねるためには歯医者さんでの検診やホワイトニングを定期的に受けておくこともお勧めします。

健康で美しい白い歯で、8020を目指しましょう!!

歯医者さんのホワイトニングを知る!

ホワイトニングのQ&A

歯科医院で行うホワイトニングについて、わかりやすくご紹介しています。

・ホワイトニングにかかる費用

・ホワイトニングの効果

・ホワイトニングのメリットと留意点

・ホワイトニングの安全性

・ホワイトニングの流れ ・・・等

安全にホワイトニングを受けて、健康で美しい白い歯を目指しましょう!!

ホワイトニングに関する治療説明を読む

CONTENTS CATEGORY