歯のあれこれ

日本とどう違う?世界のキレイな歯の基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

日本とどう違う?世界のキレイな歯の基準

日本でもキレイな歯や口元をつくることに焦点を当てた審美歯科治療が認知されるようになりつつあり、ホワイトニングや、成人してから歯の矯正をしている人も増加傾向にあるようです。

ところで「世界の歯に対する意識の違い」ちょっと気になりませんか?

そこで、世界の歯に関する価値観について調べてみました。

韓国の「キレイな歯」

美容大国で有名な韓国。最近は、テレビでも韓国人の俳優・女優やアイドルをよく見かけますが、彼らは真っ白でキレイに並んだ歯をしている人がたくさんいますよね。

美容整形の分野も発展している韓国ですから、審美歯科治療も身近なもので、歯列矯正やホワイトニングで歯医者さんに通う人も多いよう。

しかし、それ以前に幼少期から毎食後の歯磨きが習慣化していたり、コーヒーを飲んだあとも必ず水を飲んだりと、歯に対する意識が高いのが韓国だそうです。

欧米では「白い歯」が美人の条件

欧米では真っ白な整った歯が美人の条件であり、特にアメリカでは白く美しい歯は社会的なステイタスにもなるため、歯への投資を積極的にする人が多いようです。

少しでも歯並びが悪ければ幼い頃からしっかりと歯列矯正を受け、歯科検診をかかさずに歯の状態をチェックし、歯石の除去やホワイトニングも定期的に行っている人がほとんどと言われています。

また、毎日のケアには歯ブラシ以外にもデンタルフロスやデンタルリンスを併用し、虫歯のない真っ白な歯を維持しているとのこと。

日本はどう見られている?

日本でも様々な歯のケアグッズが販売されていますが、残念ながら海外から見て日本の歯に対する意識は低いと言われているようです。

日本人は多少歯並びが悪いくらいで歯列矯正をする人は少数派ですし、不調がなければ歯医者さんに行かないという人も多いでしょう。

実は日本で虫歯治療後によく使われている銀歯も、海外ではあまり使われていないようです。海外では、歯の詰め物や被せ物には白い素材を使うことがほとんどだそうです。

日本人の歯に対する意識は長い歴史のなかでできあがったものかもしれませんが、今後の国際社会に向け、一人ひとりが少しでも自分の歯を大切にするようになれるといいのかもしれませんね。

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

歯の色を白くすることで、あなたの第一印象が変わるかも?!

◇ ホームケアと歯科医院の違いって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングはここが違う

◇ オフィスホワイトニングの気になる疑問 ・・・他

歯医者さんでホワイトニングを受けてみたいと思っている方、必読の特集です!

ホワイトニング特集ページを読む

CONTENTS CATEGORY