歯のあれこれ

昔は歯が黒いほどキレイだった?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「お歯黒」って知っていますか?

昔の人は、「お歯黒(おはぐろ)」をしていたということを知ってますか?「お歯黒」とは読んで字のごとく、黒く塗られた歯のことです。古い時代に描かれた浮世絵や、古い時代物の映画などで、歯の黒い女性を見た覚えはないですか。

現代で考えたら、歯が真っ黒い女性なんてちょっとギョっとしそうですが、「お歯黒はお化粧のひとつ」だったそうです。昔の日本女性は、美しさを求めてわざわざ歯を黒く染めていたのです!

お歯黒は淑女のたしなみ

このお歯黒はいつごろから始まった風習なのかハッキリしないそうですが、平安時代にはすでに始まっていたようです。そして、それから明治時代くらいまで続いていました。主に女性がお歯黒をしていましたが、男性でもお歯黒をすることがあったそうです。

特に江戸時代では、既婚の女性がこのお歯黒をしていたため、お歯黒をしているかいないかで既婚・未婚の女性を見分けていたといわれています。

シロイハコラム_Fotolia_42000429_Subscription_Monthly_M

歯を黒くして虫歯予防!?

お歯黒はメイクの一種であったのですが、実は他にも意外な効果を発揮していたそうです。なんと、お歯黒には虫歯予防の効果があったそうなんです!

歯を黒く染める材料は、「五倍子紛」(ふしこ)と「鉄漿水」(かねみず)というものでした。

この「ふしこ」の主成分はタンニンという、お茶や柿などに含まれるいわゆる「渋」です。タンニンには抗菌作用があり、虫歯を防ぐ効果があるのです。そして「かねみず」には第一鉄イオンが含まれていて、歯の耐酸性を向上させる効果、つまり歯の表面が細菌によって溶かされるのを防ぐ効果があったのです。

そして、お歯黒はできるだけツヤツヤで真っ黒なものが美しいとされていました。

歯が食べかすなどで汚れているとキレイに黒く染まりにくいため、歯を黒くしっかり染めたい女性たちは、毎日楊枝などで歯の汚れをしっかり取り除いていたといわれています。

要するに、歯磨きとフロスをしっかりしたうえで、虫歯予防の薬をぬっていたということですね。実際、昔の塚やお墓から発見されたお歯黒の歯には、虫歯も少ないんだそうです。

毎日の地道なケアで黒さを保っていた

お歯黒は一度でキレイに黒く染まるものではなく、特に最初は毎日のようにお歯黒をつけないと、色がすぐ落ちてきてしまっていたそうです。歯に色が馴染んできても、やっぱり数日に1度は塗っておかないと、キレイな黒さは保てなかったみたいです。

しかもお歯黒を塗るの前の歯のお手入れをサボると、ツヤのないまだら黒い歯になってしまうので、女性たちは結婚してからも美しくあるために、毎日がんばって歯のお手入れをしていたのでしょうね・・・。

お歯黒をしていた時代では、結婚・婚約してから歯を染めることで、人妻としてのプライドのようなものを内面的にも外見的にも、女性に意識させる効果があったようです。

女ゴコロは今も昔も変わらず

現代ではさすがに真っ黒い歯は考えられませんが、時代を置き換えてみるとどうでしょう。

お歯黒とそのためのお手入れは、旦那サマ(彼氏)のためにキレイな白い歯を保とうと、毎日がんばって歯磨きをしてホワイトニング剤をぬるのと同じようなことです。

今も昔も、好きな人のためにキレイでいたいと思う女ゴコロに変わりはなかったみたいですね!

094q×3

 

歯医者さんのホワイトニングを知る!

ホワイトニングのQ&A

歯科医院で行うホワイトニングについて、わかりやすくご紹介しています。

・ホワイトニングにかかる費用

・ホワイトニングの効果

・ホワイトニングのメリットと留意点

・ホワイトニングの安全性

・ホワイトニングの流れ ・・・等

安全にホワイトニングを受けて、健康で美しい白い歯を目指しましょう!!

ホワイトニングに関する治療説明を読む

CONTENTS CATEGORY