歯と見た目

歯が無くなると老化に関係なくシワが増える!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

歯が無くなると老化に関係なくシワが増える!?

歯を使うときってどんなときでしょう?

まず、物を食べるときの「噛む」という役割を思い浮かべる方が多いのでは。

「歯」は食べ物を噛むこと以外にも、実はけっこう色々なはたらきをもっています。

噛むこと以外の歯の役割って?

噛むこと以外にもある、歯の役割を挙げてみます。

  • 発音を助ける
  • 姿勢や体のバランスを保つ
  • 顔の表情をつくる
  • 口元の皮膚を支える

例えば、歯が無いと言葉の発音がしにくくなります。歯が無い位置によってサ行やハ行、ラ行などの発音がしにくくなります。日本語だけでなく、英語にも発音するときに舌やくちびるに歯を触れさせて発音する音がありますが、こういった発音に関してももちろん不明瞭になってきます。

また、歯が無くなると、あごの位置が変わってしまって体に歪みがでてきてしまうこともあります。

顔の印象を変える「歯」

特に、顔の表情口元の皮膚といった見た目は、歯があるのと無いのでは違いを感じやすいでしょう。

例えば片方の歯が無くなると、その反対側だけで噛むようになり、歯が無いほうのあごの筋肉が痩せ、左右非対称の輪郭になりやすくなります。

また、歯やあごの骨は口元の周りの皮膚を内側から支えていますので、この支えである歯がなくなると、 皮膚にハリがなくなり口の周りにシワやたるみがでやすくなってしまいます!

歯の位置にもよりますが、1本くらいならそれほど影響はないかもしれません。でも、3本以上歯が足りなくなってくるとシワができる可能性はかなり高くなってきます。

どんなにお手入れをしても、皮膚を支える「歯」が無くなってしまうと、ほうれい線やくちびるの周りの小じわなど、老化に関係なくシワができやすくなってしまうのです!

もし、歯が全部無くなったらどんな顔になる?

総入れ歯の方が、入れ歯を外したときを想像してみてください。

入れ歯が外れると、口の周りの皮膚が口の中に吸い込まれたような状態になり、頬は張りがなくなってやつれたようなへこみが目立ち、よくマンガやアニメで表現されている、絵に描いたような老人の顔の見た目になってしまいます。

それだけ、歯は顔の皮膚を支える大きな役割をしているのです!

歯の状態で、見た目年齢が変わる!?

歯に虫歯や黄ばみが目立っているだけでも不潔な印象になりがちですが、さらに歯が失われてシワやたるみが増えると、印象だけでなく、リアルに老けた顔になってしまう危険性があります。

でも歯が健康であれば、年齢以上の余計なシワが増えにくくなります。

さらにホワイトニングなどで白く輝くキレイな状態をキープしておけば、清潔感のある若々しい印象を作り出すこともできるでしょう!

清潔感のある若々しい印象

あなたの歯の状態はいかがですか?

忙しくてしばらく定期検診に行っていない、虫歯があるのはわかっているけど歯医者さんは苦手で・・・など、特に痛みを感じないからといって何年も歯医者さんに行かず、自分の歯の健康状態をきちんと把握していない方もいるのでは。

虫歯や歯周病をそのまま放っておくと、大切な歯を失うことがあります。

もし歯を失ってしまったら、残念ながらもうその自分の歯は二度と生えてくることはありません。インプラントや入れ歯などによって歯の機能を回復することは可能ですが、その治療には様々な負担がかかってくることもあります。

虫歯や歯周病は、きちんとケアをして管理すれば防ぐことが可能な病気です。

毎日の歯みがきと、歯医者さんのケアで健康な歯を保ち、いつまでも若々しい見た目を保っていきましょう!046

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

歯の色を白くすることで、あなたの第一印象が変わるかも?!

◇ ホームケアと歯科医院の違いって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングはここが違う

◇ オフィスホワイトニングの気になる疑問 ・・・他

歯医者さんでホワイトニングを受けてみたいと思っている方、必読の特集です!

ホワイトニング特集ページを読む

CONTENTS CATEGORY