歯のセルフケア

歯をキレイに保ちたい!ベストな歯磨きのタイミングってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたは1日のうち、どのタイミングで歯を磨いていますか?

起きてすぐ、寝る前、外出前、食後など、人によって歯磨きのタイミングは少しずつ違うかもしれません。

実は、歯磨きをするタイミングによっては、歯やお口のキレイと健康に影響する場合があるのをご存知ですか?

歯をキレイに保ちたい!ベストな歯磨きのタイミングってあるの?

“食後すぐ”磨くのは間違い?!

食事が終わったらすぐに歯を磨く、という人も少なくないと思いますが、時には「食後すぐに歯を磨くのはあまりよくない」という情報を見かけることがあります。

食べてすぐに歯を磨けば、虫歯菌が繁殖しないような気がするのですが、なぜすぐ磨くことがよくないという説があるのでしょうか。

なぜ「食後すぐはNG説」があるのか

食べ物を食べたあと、口の中は酸性に傾きます。

酸は歯を溶かしてしまうので、食後すぐに歯磨きの強い力を加えると、歯の表面を傷つけてしまい、歯にダメージを与えてしまう心配があるのです。

酸は唾液によって中和されるまでに30分ほどかかるため、歯へのダメージを防ぐには、食後30分程時間をおいてからの歯磨きが良いという説があるのですね。

必ずしも30分後じゃなくていい?

でも、どうしても食事の30分後に歯磨きすることができない場合もありますよね?

もちろん、そんなときはすぐに歯磨きをしてしまっても大丈夫です!

どちらかというと、歯磨きは食後何分で行うということより、正しい磨き方で歯に汚れを残さないようにすることの方が重要なので、食後すぐにも力を入れず優しく丁寧に歯を1本ずつ磨くようにしてみましょう。

歯へのダメージを意識しすぎて、歯磨きをきちんとできない状態が続くと、歯の周りにプラーク(歯垢)が溜まり、逆に虫歯になりやすくなってしまいます。

ただし、酸によって歯が溶けてしまう「酸蝕症(さんしょくしょう)」の症状がある人や、酸性の強い食べ物を食べた後は、食後30分ほど経ったタイミングでの歯磨きをしたほうが、酸による歯へのダメージを軽減することができるでしょう。

歯磨きをしっかりしたいタイミングは?

1日のうちで一番歯磨きに力を入れてほしいタイミングは、「寝る前」です。

寝ている間のお口の中は、唾液の分泌が少なくなります。

唾液にはお口の中の殺菌作用や清浄作用がありますが、唾液の分泌が少ないと、この力が弱まってしまうのです。

お口の中がパワーダウンしているときに、食べカスが歯の周りやお口の中に残っていると、寝ている間に細菌が繁殖して、虫歯や歯周病、口臭などのトラブルを引き起こしてしまうのです。

寝起きの口臭がヒドイと気になる場合は、もしかしたら寝る前の歯磨きがきちんとできていないかもしれませんよ。

03_073寝る前には、歯ブラシだけでなくデンタルフロスも活用して、歯の周りをピカピカにしておきましょう!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

歯の色を白くすることで、あなたの第一印象が変わるかも?!

◇ ホームケアと歯科医院の違いって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングはここが違う

◇ オフィスホワイトニングの気になる疑問 ・・・他

歯医者さんでホワイトニングを受けてみたいと思っている方、必読の特集です!

ホワイトニング特集ページを読む

CONTENTS CATEGORY