キレイな歯のために

清潔感をかもし出す「きれいな歯と口元」はどうやってつくる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

好きな異性、好印象を持つ異性の条件に「清潔感」を上げる方は少なくないと思います。

辞書を引いてみると、

「清潔」 ― 汚れがないこと。衛生的であること。また、そのさま。

とありますが、この「清潔感」どうやったら出せるのか考えたことはありますか?

清潔感をかもし出す「きれいな口元」はどうやってつくる?

「清潔感」てナニ?

毎日お風呂にちゃんとはいっていれば、確かに清潔だといえるでしょう。

でも、「清潔である」ことと、「清潔感がある」ということは少し違います。

「清潔感がある」というと・・・

  • 肌のダメージが少ない
  • 髪のダメージが少ない
  • シワやシミのない手入れされた服装
  • 過剰すぎないメイク
  • きれいな口元

といった、細部まできちんと整えられたイメージですよね。

中でも「きれいな口元」というのは、実は清潔感の大きなポイントになります!

キレイな歯が発信するメッセージ

ときどき、顔立ちはそうでもないのに、なんだか美人な雰囲気を持っている人っていませんか。

そしてそういう人の歯が、黄ばんで汚いなんてことはほぼないでしょう。歯や口元がキレイだと、それだけでも魅力が増すのです。

実際、歯の状態は見た目の印象に大きく影響します。歯が白いと実年齢より5歳若く見えるなんていう調査結果もあります。

それ以外にも、歯がキレイということはいろいろなメッセージを発信しているのではないでしょうか。

歯の健康と美しさは一日で成り立つものではありません。毎日、毎食後の歯磨きと、定期的な歯科検診、しっかりしたケアが物を言います。

歯の健康と美しさは、日々の積み重ねによってつくられるものなのです。

つまり「歯がキレイ」ということは、日常的にしっかりと細かな部分のケアができる人であるということを表してくれるのです。

口元の清潔感を保つには?

服装がどんなにオシャレで肌や髪がキレイでも、口元に清潔感がないと他のすべてが台無しになりかねません。

口元をキレイにして清潔感を保つには、次のようなポイントに気をつけましょう。

  • 飲食中・後とも、口元の汚れに気を使う
  • 毎日の歯磨きはもちろん必須
  • 息のケアも忘れずに
  • 歯の黄ばみや変色のケアをする
  • リップケアでくちびるの適度なうるおいを保つようにする
  • 口紅をはみ出さず丁寧に塗る(グロスのつけすぎに注意)

もし手っ取り早く口元の清潔感を出したい場合は、歯医者さんに行って歯のホワイトニングやクリーニングをしてみましょう。

見た目の印象UPで、中身の印象もUP!

実は、「清潔」には汚れがない・衛生的というほかに、もうひとつ意味があります。

「清潔」 ― 人柄や行いが清らかで、うそやごまかしなどがないこと。また、そのさま。

見た目に清潔感を感じると、その人の中身まで好印象を抱くことさえあります。見た目に気を使うだけで、中身まで良く思われたらラッキーですよね。

自分のイメージを変えたい、爽やかで好感度の高いイメージに変わりたいと思っているなら、まずは「口元」から、清潔感を意識してみてはいかがでしょうか。

はじめてのオフィスホワイトニング体験レポート

ホワイトニングとは?

歯医者さんでのオフィスホワイトニング体験に、密着取材しました!

カウンセリングから、実際のホワイトニング治療、体験談まで、リアルなホワイトニング事情が分かります。

歯医者さんでのホワイトニングにちょっと興味のある方、ぜひご覧ください!

ホワイトニング体験レポートを読む

CONTENTS CATEGORY