キレイな歯のために

知っておきたい!歯の黄ばみを防ぐための生活習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

真っ白い歯の人は、それだけで清潔な印象になりますよね。

反対に笑ったり話したりするときに見える歯があまりにも黄ばんでいたら、なんだかゲンナリ・・・。

そこで、黄ばんだ歯にならないための生活習慣をご紹介します。ちょっとした心がけで、白い歯が維持できるようになるかも!?歯の黄ばみを防ぐための生活習慣

黄ばみの原因になる食べ物に気をつける

歯の黄ばみの原因になる食べ物は基本的に色が濃い物です。

色の濃い食べ物でよく挙げられるものでは、コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなどがあるでしょう。他にもココア、烏龍茶、チョコレート、ほうれん草、醤油やソース、ケチャップなどの調味料もそうです。

色の濃いものだけでなく、酸性度の高い食べ物や飲み物、硫黄の成分が含まれている食べ物なども歯を黄ばませてしまう原因となることがあります。

酸性度の高いものには、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類、炭酸飲料、白ワイン、スポーツドリンクなどがあります。
硫黄の成分がふくまれている食べ物は、ネギ類、ニンニク、ニラなど。

黄ばんだ歯にならないための生活習慣_着色性食品

また、アルコール度数も高いと歯の表面の水分を奪ってしまい、歯の変色を招きやすい状態にしてしまいます。

これらの食品を全く食べない・飲まないということはできないですので、気になるときは少し控えたり、食べたあと念入りにケアしたりすることで、歯の黄ばみを少しでも予防することはできますよね。

歯磨きにも注意が必要

歯のケアと言えば歯磨きですが、実は誤った歯磨き方法が歯の黄ばみを助長させてしまうこともあるのです。

エナメル質と象牙質歯というのは、表面にエナメル質という層があり、このエナメル質は酸性の食べ物や、歯磨き粉に含まれる研磨剤などで傷ついてしまうことがあります。

エナメル質が薄くなると、その中の象牙質と言われる部分が透けて黄ばんで見えてしまいます。また、傷がついて表面が粗い状態になると、汚れが付着しやすくなり変色の原因となってしまいます。

歯の表面を強い力でゴシゴシこするような歯磨きの仕方は、歯の黄ばみを悪化させてしまうので要注意です!

タバコは黄ばみの大きな原因

タバコは健康への害も心配ですが、歯の黄ばみの原因にもなります。白い歯を維持したいなら、タバコは控えておくに越したことはないでしょう。

また、タバコは歯の黄ばみを引き起こすだけでなく、歯ぐきの色を黒ずませたりすることもあります。

歯と歯ぐきをキレイに、お口の健康を保ちたいのなら、禁煙することをおすすめします。

歯をキレイに保って、歯の黄ばみを防ぐ

歯医者さんの検診をきちんと受けて定期的にクリーニングをしておくと、歯の表面がツルツルピカピカな状態が長く続きます。

歯の表面がキレイでツルツルであれば、歯の黄ばみの原因になるものを食べたり飲んだりしても汚れがつきにくくなります。

黄ばんだ歯にならないためには、歯医者さんの手を借りて歯のキレイを継続させることも大切なのです。

いつでも歯が白くてキレイだと、体にも心にも良い影響をもたらしてくれますよね。

日々の生活のなかでも意識して、白くキレイな歯を保っていきましょう255

歯医者さんのホワイトニングを知る!

ホワイトニングのQ&A

歯科医院で行うホワイトニングについて、わかりやすくご紹介しています。

・ホワイトニングにかかる費用

・ホワイトニングの効果

・ホワイトニングのメリットと留意点

・ホワイトニングの安全性

・ホワイトニングの流れ ・・・等

安全にホワイトニングを受けて、健康で美しい白い歯を目指しましょう!!

ホワイトニングに関する治療説明を読む

CONTENTS CATEGORY