キレイな歯のために

純白の花嫁を襲う、黄ばみの罠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女性の憧れ、純白のウエディングドレス。最近は和装も人気で、白無垢を選ぶ方もけっこういるようです。ドレスでも和装でも、花嫁といえば美しく清純な「白」ですよね!でもその「白」のせいで、花嫁の清潔感が奪われてしまうことがあるかもしれません・・・

Bride you are over the wedding veil

ブライダルメイクは特別仕様

結婚式のときもいつものメイクでOK!という方はほとんどいないと思います。大多数の花嫁さんが、専門のメイクスタッフにお願いすることになると思います。ウエディングドレスや打ち掛けに、いつものメイクじゃやっぱりちょっとおかしいですよね。

プロによるブライダルメイクは、いつものメイクとは違います。

比較的ナチュラルな印象を残すメイクが主流ですが、それでもあなたが選んだドレスや打ち掛けに合わせて、より華やかに特別なメイクをしてくれるはずです。いつもよりハイライトをしっかりきかせて明るく仕上げ、首やデコルテまで抜かり無くキラキラパウダーをまぶしたり。

白無垢だったら、ひと昔前ならおしろいに赤い口紅でしたが、最近ではそこまで真っ白にしないナチュラルな仕上がりになっています。でも、基本はおしろいを顔から首筋、背中側、手の甲まで塗って、白無垢に負けない明るさにするのです。

その白さゆえに、目立ってしまう黄ばみ

プロのメイクでしっかりキレイに明るく仕上がり、さらに白いドレスや打ち掛けの光の反射、幸せなとびきりの笑顔の効果もあって、花嫁の顔はより明るく見えます。

でも、その時、油断しがちなのは実は歯の色なんです!

まわりの明るさとの対比によって、いつもより歯の黄ばみは目立ちやすくなってしまいます。

結婚式当日、準備の疲れで多少肌荒れがあってもメイクでなんとかなりますが、歯だけはその場で何とかすることができません。後で写真や動画を見て、歯のホワイトニングしとけば良かったと…いう後悔をしても、結婚式はやり直しがききません。

ブライダルのためのケアは、計画性が命!

既婚者の人に話を聞くと、たいてい挙式の準備期間に一度は彼とケンカしたと言う方が多くはないですか?

結婚式のために、新郎新婦は二人で協力して決めることがたくさんあります。寿退社して時間がたっぷりあればいいですが、昨今の経済事情、挙式前も後も普通に仕事を続ける女性が多いですよね。

挙式間近になってから、あわててエステや歯のホワイトニングに行っても、かなりスペシャルなケアを受けないかぎり、翌日すぐにキレイするのはけっこう大変です。

女性のお肌の状態は日によって大きく変化してしまうこともあります。ブライダルエステをするなら自分の肌サイクルを考えて予約したほうがベターです。

さらに歯のホワイトニングは、その仕組上、一度で希望の白さにするのは難しいです。しかも虫歯や歯ぐきのトラブルがあると、治療後でなければ施術できないことも。

抜かりのない準備で完璧な花嫁になろう!

近々結婚式を控えている方、できるだけ早めにエステや歯医者さんに相談にいったほうがオススメです。

一生に一度のブライダル、抜かり無く準備をして、自分史上最高のキレイを目指しましょう!

293(3連)

はじめてのオフィスホワイトニング体験レポート

ホワイトニングとは?

歯医者さんでのオフィスホワイトニング体験に、密着取材しました!

カウンセリングから、実際のホワイトニング治療、体験談まで、リアルなホワイトニング事情が分かります。

歯医者さんでのホワイトニングにちょっと興味のある方、ぜひご覧ください!

ホワイトニング体験レポートを読む

CONTENTS CATEGORY