キレイな歯のために

被せ物の素材「ジルコニア」と人工ダイヤモンドの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

虫歯の治療では、削ったところに「人工の材料」を詰めたり被せたりして、健康な歯の形に近いものを再現していきます。

被せ物の素材「ジルコニア」と人工ダイヤモンドの関係

詰め物や被せ物の種類

この詰め物や被せ物の種類には、金属や樹脂、陶材等、保険がきくものから自費のものまでいろいろあり、その特性や仕上がりの違いもさまざまです。

保険の範囲でよく使われているのは、「金銀パラジウム合金」、いわゆる「銀歯」です。

強度と見た目の審美性を重視した、保険が適用されない材料にもいろいろなものがあります。

その中のひとつに「ジルコニア」という素材があります。

「ジルコニア」とは

「ジルコニア」は保険が適用されないので、銀歯よりも費用の負担は大きくなりますが、生体親和性が高く(つまり、身体に負担が少ない)、強度もあり、そして金属より軽く、色が白くて審美性も高い素材です。

ジルコニアはスペースシャトルの耐熱タイルに利用されたり、整形外科で人工関節の材料として活用されています。日本では2005年に厚生労働省の医療用具として認可されてから、だんだん認知度が広がってきています。

銀歯を白くしたいときは

ジルコニアは色調が白く調整できるため、元の白い歯にかなり近い詰め物や被せ物として使用できます。

以前に治療して銀歯を詰めた歯も、こういった白い素材で詰め物を作り直す治療ができます。

口を開けたときに、奥歯にある銀歯が気になるという方は、歯医者さんに相談してみましょう。

ジルコニアと人口ダイヤモンド

歯科材料として使用されている「ジルコニア」は加工されて白いものですが、実はこれ、アクセサリーなどに使われている人工ダイヤモンドの「キュービック ジルコニア」と同じ素材です。

その作り方が少し違うだけなのです。

ジルコニアで歯の被せ物をつくるということは、つまり口の中にダイヤ(人工ですが)を入れていることになるのですね!

ジルコニアは確かに少々費用がかさむ素材ですが、見た目の審美性もより良い素材ですし、お口の中にダイヤがあると思うとなんだかデンタルケアにも力を入れられそうな気がします。

03_073ダイヤより大切な、自分の「歯」

でも・・・健康な自分の白い歯は本物のダイヤモンドとは比べられないくらい価値のあるものでしょう!

日頃からしっかりケアと定期検診をして虫歯の予防ができたら、被せ物にかかる費用で「人工ではない」ダイヤのアクセサリーが買えるかもしれないですね。

あなたの歯をより白くするホワイトニングの治療も、被せ物の費用に比べるとかなりリーズナブルかもしれません。

歯科医療は本当にどんどん進歩していますが、結局やっぱり、自分の歯が一番です!

ダイヤよりも大切な自分の白い歯を守るために、歯磨き、歯医者さんでの定期検診、しっかり実行していきましょう!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

歯の色を白くすることで、あなたの第一印象が変わるかも?!

◇ ホームケアと歯科医院の違いって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングはここが違う

◇ オフィスホワイトニングの気になる疑問 ・・・他

歯医者さんでホワイトニングを受けてみたいと思っている方、必読の特集です!

ホワイトニング特集ページを読む

CONTENTS CATEGORY