歯医者さんに聞いてみた!

親知らずの抜歯後に、長引く痛みの原因は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

親知らずを抜いたあと、なかなか痛みが引かなかった経験はありませんか?

これから親知らずを抜くという人は、痛みに不安をもっていませんか?

親知らずを抜いたときに痛みが長引いてしまう原因について、歯医者さんに聞いてみました!

親知らずの抜歯後に、長引く痛みの原因は何?

Q.親知らずを抜歯した後に、痛みが出るのはなぜですか?

抜歯は外科処置になりますので、麻酔が切れたあとは痛みを生じ、場合によっては腫れも生じます。

前歯よりも奥になればなるほど骨が分厚く、さらに上あごよりも下あごの親知らずの方が骨が分厚く、垂直に生えている親知らずよりも横に生えている親知らずの方が、抜歯後に腫れや痛みが生じやすい傾向にあります。

ただし、親知らずの抜歯にかかわらず外科処置すべてに言えることですが、なるべく時間をかけずスムーズに処置すれば、痛みや腫れはより少なく抑えられるでしょう。

Q.親知らずを抜いた後、穴がうまらないことはある?ドライソケットとは何ですか?

抜歯の後に血の塊(血餅 けっぺい)ができるのが普通の状態ですが、過剰なうがいや喫煙・飲酒・激しい運動・舌で傷口をなめるなど、何らかの原因で固まった血の塊が取れてしまうと、血餅ができずに骨が剥き出しになります。

そうすると、歯肉が再生されにくくなり、周囲の骨がむき出しになって激しい痛みが生じてしまうことがあります。この状態をドライソケットと言います。

抜歯して2~3日後から、徐々に痛みが増していくことが多いようです。

しかもドライソケットができてしまうと、その穴に食事のときの食べかすが入って直接骨に当たり、それが神経に響いたりします。

Q.ドライソケットの予防方法はありますか?

ドライソケットにならないためには、親知らずを抜いた後は歯科医師の説明する注意事項をしっかりと守り、抜歯が終わった後でも油断しないことが大切です。

主に

①抜歯した部分には触らない(口腔内を清潔に保つ)。
②強くうがいをしない。
③抜歯後3日間は安静にする。
④喫煙をしない。
⑤アルコールは飲まない。
⑥できるだけ硬いものは食べない。
⑦飲み物を飲むときに強く吸わない。

といったことに注意しましょう。

Q.もしドライソケットになってしまったら・・・?

炎症を抑える消炎処置と、抗生物質の投与(テトラサイクリン軟膏など)のほか、抜歯した部分の骨をもう一度削って出血させ血餅をつくるという治療方法(抜歯窩再掻爬 ばっしかさいそうは)もあります。

他に大きな問題がなければ、二週間程度で治ることが多いでしょう。

歯医者さんの注意事項を守って、痛みをなるべく回避しよう!

「親知らず」は抜歯するのも緊張しがちですが、抜歯後も油断せずに歯医者さんの言うことをきちんと守ることが痛みを回避する近道のようですね。

ところで、20歳前後に生えてくることが多い親知らずですが、抜歯が怖いからといって放置しておくのはよくないそうです。

というのも、親知らずの生え方によっては周りの歯や骨に影響をあたえたり、時間が経つにつれ歯と骨がくっついてきて抜歯が難しくなってしまうこともあるそうです。

抜歯後の傷も若い時のほうが回復のスピードが早いですので、親知らずが生えてきたのを確認できたら、早めに歯医者さんで抜歯の必要性を確認してもらったほうがいいでしょう。

235

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

大人女子の身だしなみ ― 白い歯で印象アップ!

歯の色を白くすることで、あなたの第一印象が変わるかも?!

◇ ホームケアと歯科医院の違いって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングって?

◇ 歯医者さんのホワイトニングはここが違う

◇ オフィスホワイトニングの気になる疑問 ・・・他

歯医者さんでホワイトニングを受けてみたいと思っている方、必読の特集です!

ホワイトニング特集ページを読む

CONTENTS CATEGORY