歯のあれこれ

頬の裏じゃなくて、歯ぐきに口内炎?これって大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

口内炎は、口内といってもそのほとんどが頬の裏側にできるもの。

でも、歯ぐきに口内炎ができたという経験をしたことがある人もいるようです。

歯ぐきにできた口内炎、本当に大丈夫なのでしょうか?

頬の裏じゃなくて、歯ぐきに口内炎?これって大丈夫?

歯ぐきにも口内炎はできる!

実は「口内炎」とは、口の中や周辺の粘膜にできた炎症の総称で、歯ぐきにできても何らおかしいことはないのです。口内炎は細菌やウイルスによるものがほとんどで、ストレスや疲労、栄養不足などによって発生すると言われています。

ただし、中には虫歯や入れ歯の不具合、金属アレルギーなどによって発症することもあるようです。

とにかく口内を清潔に

頬の裏側にできる口内炎と同様、歯ぐきにできた口内炎も、口の中を清潔に保ち細菌やウイルスの繁殖を抑えることが大切です。

できた位置によっては歯みがきがしにくいこともあるかもしれませんが、食べカスが残った状態では逆効果ですから、殺菌成分入りの薬用デンタルリンスなども用いて口内を衛生的に保つようにしてください。また、疲れやストレスを感じている人は、できるだけ緩和するように心がけましょう。

治らない&繰り返す場合は歯科へ

お口の中にできたその炎症がただの口内炎なら、清潔にしていれば1~2週間で痛みも落ち着き、炎症も自然に消えていくでしょう。

でも、口内炎と思っていても、実は歯の根っこの炎症であったり、歯周病や歯ぐきの異常だったりする場合もあります。

また、口内炎を伴う病気もあるので要注意。例えば、手足口病やヘルパンギーナ、ベーチェット病、白血病、悪性リンパ腫が一例ですが、これを見るとちょっと怖くなりますよね。

もし、なかなか口内炎が治らなかったり、繰り返しできたり、口内炎と一緒に熱やだるさなどの体の症状もあるという場合は、歯科もしくは口腔外科に相談してみましょう。

歯医者さんのホワイトニングを知る!

ホワイトニングのQ&A

歯科医院で行うホワイトニングについて、わかりやすくご紹介しています。

・ホワイトニングにかかる費用

・ホワイトニングの効果

・ホワイトニングのメリットと留意点

・ホワイトニングの安全性

・ホワイトニングの流れ ・・・等

安全にホワイトニングを受けて、健康で美しい白い歯を目指しましょう!!

ホワイトニングに関する治療説明を読む

CONTENTS CATEGORY