ポリリン酸ホワイトニング デュアルホワイトニングで透明感がある輝く白い歯

ポリリン酸ホワイトニングってなんですか?

ポリリン酸ホワイトニングってなんですか?

加藤 菜摘美 さん (仮名) 26歳 会社員 (ホワイトニング経験者)
以前、ホワイトニングをした時に歯は白くなったのですが、しみるような痛みを感じてしまい長続きしませんでした。
歯の黄ばみが気になっていて、ポリリン酸ホワイトニングは痛みが少ないと聞いたので体験します!

ポリリン酸ホワイトニングとは?

ポリリン酸ホワイトニングは、従来のホワイトニングで使用する過酸化水素に、ポリリン酸ナトリウムを混ぜて使用するホワイトニングのことを言います。「ポリリン酸ナトリウム」は、生物の体内に存在する生体高分子成分であり、食品添加物としても使用されています。歯科医院では、歯周病治療などで使用する場合もあります。
ポリリン酸ホワイトニングの特徴は、歯の着色汚れを落とし、表面をコーティングして歯質を強化するのでステインや歯石の沈着を防止します。専用のLED機器で一定時間、光照射を行い、薬剤を活性化させて歯を白くします。

関内馬車道デンタルオフィス 歯科衛生士 長畑さん

従来のホワイトニングとの違いは何ですか?

歯の白さには個人差がありますが、ポリリン酸ホワイトニングは自然な白さと透明感が出るのが特徴です。また、従来のオフィスホワイトニングと異なり、歯茎を保護する必要がない為、歯の根元ギリギリの際まで白くすることができるので、歯の根元の黄ばみが気になる方にお勧めです。また、従来のホワイトニングは施術後に、MIペーストやフッ素塗布により歯面を強化しますが、ポリリン酸ホワイトニングは歯がコーティングされるため、別途歯面の強化を行う必要がありませんし、歯の表面が弱くなることがないので、次回のホワイトニングを行うまでに2~3週間空ける必要がありません。施術回数に制限が無いので、時間を短縮して希望の白さにすることも可能です。ポリリン酸のホームホワイトニングは、歯のコーティングができるので、マウスピースの全ての歯に薬剤を入れて装着してくださいとお話しています。

従来のホワイトニングで痛みを感じた体験者へのコメント

従来のホワイトニングで痛みを感じた体験者へのコメント

関内馬車道デンタルオフィス 歯科衛生士 長畑さん 従来のホワイトニングで痛みを感じたと言う患者様はいらっしゃいます。人によっては、歯のひびなどがある場合に、知覚過敏の症状により痛みが出たり、しみたりすることもあります。ポリリン酸ホワイトニングを受けた患者様は、痛みを感じなかったという方がほとんどです。それは、薬剤の違いによるものなので両方受けられると自分に合うホワイトニングが見つかると思いますよ。※治療結果は、患者様によって個人差があります。

体験1日目 ポリリン酸ホワイトニング オフィスホワイトニング治療の流れ

体験1日目 ポリリン酸ホワイトニング オフィスホワイトニング治療の流れ

  • 色味チェック

  • 色味チェック

    シェードガイドを使って、歯の色味をチェックします。
    「A3」でした。日本人の一般的な歯の色味は、「A2」「A3」が多いそうです。
    どの位白くなるなるか気になるところです。

  • 検査

  • 検査

    手鏡を持って、衛生士さんが歯の状態をチェックします。歯にひびが入っていないか、神経が無い歯や被せ物がないかなど確認します。

  • クリーニング

  • クリーニング

    ポリリン酸ホワイトニング専用のジェルを使って歯面をクリーニングします。歯石がある場合取り除き、たばこのヤニや、コーヒー、ワインなども落ちるそうです。
    ホワイトニングの前に、クリーニングすることで、ホワイトニングの効果が増します。

  • 薬剤塗布

  • 薬剤塗布

    ポリリン酸の薬剤を温めてから、過酸化水素と混ぜ合わせます。
    薬剤を2分で塗って、8分間で光照射します。
    ポリリン酸は、温めた状態だと効果が出やすいそうです。

  • 光照射

  • 光照射

    光照射では、熱を逃がさないように上にタオルを巻き保温します。
    8分間の光照射が終ったら、薬剤をふきとり、また薬剤を塗布、光照射を繰り返します。
    合計3回行いました。

  • 色味チェック

  • 色味チェック

  • シェードガイドを使って、歯の色味をチェックします。
    「A3」でした。日本人の一般的な歯の色味は、「A2」「A3」が多いそうです。
    どの位白くなるなるか気になるところです。

  • 検査

  • 検査

  • 手鏡を持って、衛生士さんが歯の状態をチェックします。歯にひびが入っていないか、神経が無い歯や被せ物がないかなど確認します。

  • クリーニング

  • クリーニング

  • ポリリン酸ホワイトニング専用のジェルを使って歯面をクリーニングします。歯石がある場合取り除き、たばこのヤニや、コーヒー、ワインなども落ちるそうです。
    ホワイトニングの前に、クリーニングすることで、ホワイトニングの効果が増します。

  • 薬剤塗布

  • 薬剤塗布

  • ポリリン酸の薬剤を温めてから、過酸化水素と混ぜ合わせます。
    薬剤を2分で塗って、8分間で光照射します。
    ポリリン酸は、温めた状態だと効果が出やすいそうです。

  • 光照射

  • 光照射

  • 光照射では、熱を逃がさないように上にタオルを巻き保温します。
    8分間の光照射が終ったら、薬剤をふきとり、また薬剤を塗布、光照射を繰り返します。
    合計3回行いました。

光の照射で温かくてうとうとして眠くなりました。
気になる歯の痛みも全く感じませんでした。
あっと言う間に終わりました。

※治療結果は、患者様によって個人差があります。

  • 歯型を採る時は、下顎→上顎の順番で片顎ずつ歯型を採ります。歯型は10分間で固まります。石膏を歯型に流しこみ、固まった石膏からマウスピースを作製します。

体験2日目 ポリリン酸ホワイトニング ホームホワイトニングの治療の流れ

体験2日目 ポリリン酸ホワイトニング ホームホワイトニングの治療の流れ

  • ホームホワイトニングを行う前に、しっかり歯磨きをして汚れを落とします。マウスピースにまんべんなく薬剤をいれて、上下の歯に装着します。1日最低2時間つけます。
    終わった後は、歯磨きはしないでお口をゆすぎましょう。
    ホームホワイトニングは、12日間連続して行ってください。

  • ホームホワイトニングの気をつける点

    ■マウスピースのお手入れについて
    マウスピースを洗う時は、お湯を使うと変形する恐れがあるので使ってはダメです。冷たい水でマウスピースを歯ブラシで洗ってから使用してください。
    マウスピースはきれいな状態で使用しましょう。

  • ホームホワイトニングを行う前に、しっかり歯磨きをして汚れを落とします。マウスピースにまんべんなく薬剤をいれて、上下の歯に装着します。1日最低2時間つけます。
    終わった後は、歯磨きはしないでお口をゆすぎましょう。
    ホームホワイトニングは、12日間連続して行ってください。

  • ホームホワイトニングの気をつける点

    ■マウスピースのお手入れについて
    マウスピースを洗う時は、お湯を使うと変形する恐れがあるので使ってはダメです。冷たい水でマウスピースを歯ブラシで洗ってから使用してください。
    マウスピースはきれいな状態で使用しましょう。

オフィスホワイトニングを行った日からホームホワイトニングを始めました。
歯に装着するだけなので、寝る前の2時間で終わるのでとても楽でした。
日に日に、歯が白くなるのが実感できて嬉しかったです。
これならずっと続けてもいいなと思いました。

12日間続けました! 体験した感想 ツルツルピカピカの白い歯!! BEFORE AFTER

12日間続けました! 体験した感想 ツルツルピカピカの白い歯!! BEFORE AFTER

施術前は「A3」だった歯の色味が、デュアルホワイトニングを行った結果、16段階のシェードガイドにはない「W3」という色味まで白くなりました。見た目は真っ白です。
※「W」はホワイトニング専用のシェードガイドです。

ポリリン酸ホワイトニングは、オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも全然痛みを感じなく、表面がツルツルして透明感のある白い歯になって満足です。ホワイトニングした後の食事制限がないのがとても良いです。歯の状態を診ていただいてからホワイトニングを開始したので安心して受けられました。

         ※治療結果は、患者様によって個人差があります。

先生からのコメント 歯科医院で受けるポリリン酸ホワイトニングとセルフホワイトニングの違いとは?

先生からのコメント 歯科医院で受けるポリリン酸ホワイトニングとセルフホワイトニングの違いとは?

関内馬車道デンタルオフィス 河合毅師 院長先生 国家資格を所有する歯科医師や歯科衛生士は、高濃度のホワイトニングの薬剤を使用することができますが、無資格者は、高濃度の薬剤や医薬品の使用、口の中に触れることが違法になります。それゆえ、セルフホワイトニングでは、歯科医院で扱うホワイトニングの薬剤の濃度より低い濃度のものを使用します。ホワイトニングのトラブルがあった場合は、すぐに対応します。
歯科医院では、歯科衛生士が歯のクリーニングをしてからホワイトニングを行いますが、歯石や歯の汚れが付着したままでホワイトニングを行うと、歯の汚れを落とすことが優先され、なかなか希望の白さにならない場合があります。
セルフホワイトニングは、自分で薬剤を歯面につけますが、あまり多く薬剤を塗ると光が届かなかったり、塗り方次第では効果が出にくい場合もあります。ホワイトニングは、ホワイトニング前の歯や歯茎の防湿(ぼうしつ)が必要です。
唾液が付いたままホワイトニングを行うと効果が出にくいです。自分で防湿するのは難しいので、人にやってもらった方が良いでしょう。
また、歯の黄ばみが1本だけ異なっている場合は、その歯だけ薬剤のつけ方を工夫して他の歯と歯の色の差ができないようにすることも歯科医院では可能です。
患者様自身で口腔内を診ることは難しいので、気になる歯がある場合は、歯科医院で診てもらってからホワイトニングをすることをお勧めします。

ポリリン酸ホワイトニング後の食事について

ホワイトニング施術後の食事制限は大きく違います。従来のホワイトニングは、ホワイトニング施術後の24~48時間は、着色がしやすい状態にあり、色の濃い食べ物や飲み物を摂取しないようにする食事制限やタバコのヤニも付着しやすいため禁煙が必要となります。
ポリリン酸ホワイトニングなら、ホワイトニングの後に、きれいな白い歯でお食事やデートにお出掛けしたりしても、着色を気にする心配がないので、喜ばれる患者様も多いです。

デュアルホワイトニングの効果について

デュアルホワイトニングは、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」を組み合わせることを言います。ホワイトニングで白くなった歯は、永久に白さを保ちませんので白い歯を長持ちさせるには継続が必要です。ポリリン酸ホワイトニングは、オフィスホワイトニング(1回8分間)を3回行い、マウスピースを作製して、ホームホワイトニングを1日2時間、12日間連続して行います。効果が出にくい場合は、個人差もありますが、そのあとに1ヵ月に3回程度、オフィスホワイトニングを行うことで希望の白さに近づきます。

  • 〒231-0015
    神奈川県横浜市中区尾上町5-68 馬車道RAビル2階

  • 診療時間
    月・火・水・木曜 11:00~15:00 / 17:00~ 21:00
    土曜 10:00~14:00 / 16:00~19:00

  • アクセス
    JR京浜東北線・根岸線 『関内駅』 7番出口より徒歩30秒
    東急東横線・みなとみらい線『馬車道駅』 5番出口より徒歩5分

  • 休診日
    金曜・日曜・祝日

詳しくはこちら