審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

はなさん(岩手県)の相談

カテゴリ:差し歯について

3年ほど前に歯列矯正を終了しました。
2年前に左前歯の1番2番をプラスチックの差し歯にしました。(神経を取った歯で、黒ずみが気になったため)
現在矯正に戻りがあり、右の前歯の1番が若干出ており、右2番目の前歯が後ろに重なっています。2〜3ミリの段差です。
左前歯のプラスチックの差し歯の黄ばみ、歯茎の黒ずみも気になっているためオールセラミックにしようかと考えていますが、これを機に右の前歯2本もセラミックの差し歯にして段差を矯正しようかと思っています。
後々デメリットはありますか?
セラミックでも黄ばみは出てきますか?
また差し歯で矯正してもズレや戻りはありますか?
アドバイス、よろしくお願いします。

  • 審美歯科ネット運営部
この度は審美歯科ネット相談室をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
事務局より回答させていただきます。

はなさん回答が大変遅くなってしまい申し訳ございません。

右の前歯2本が神経のある(まだ治療したことが無い)場合のデメリットとしては、歯を削り神経を取って被せ物を入れますので、根の部分が将来的に割れる可能性が高くなり、歯の寿命が短くなることが考えられます。
メリットとしては、短い期間で治療ができることがあげられます。

差し歯の黄ばみは、セラミックであれば(ハイブリッドセラミックでなければ)ほとんどありません。

歯ぐきの黒ずみに関しては、オールセラミックにすれば(金属を使わない被せ物であれば)、防ぐことができます。
歯ぐきに黒ずみが着色している場合は、セラミックを入れる前に、黒ずみをレーザーで焼く処置が必要になるかと思います。

差し歯で矯正した時のズレや戻りですが、お口の状態が分かりませんので、明言できません。
大変申し訳ありませんが、何卒ご了承くださいませ。矯正治療を受けた歯科医師へご相談されることをお勧め致します。



相談を投稿する