歯のセルフケア

歯にトラブル!?セルフケアにおけるホワイトニングの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

電動歯ブラシを使ったり、歯磨き粉にこだわったり、歯をキレイに保つためにセルフケアに気を使っているという方は多いと思います。

自分でホワイトニング用の歯磨き粉やケアグッズを買う時はどんなものを選んでいますか?

歯医者さんで勧められたもの、ドラッグストアで人気のもの、ネットで評判のものなどなど、選ぶ基準はそれぞれですが、デンタルケアといえばやっぱり日本より海外でしょ!と、アメリカなどの海外製のグッズをインターネットで購入する方もいるのでは。

そんな方にはちょっと気をつけてほしいことがあります。

セルフケアで歯のトラブル?! 

キレイにしようとして逆にトラブルが起きる?!

日本のデンタルケア製品はもちろん日本の薬機法(旧薬事法)を基準に作られていますが、海外製品は日本で使用できない強い薬剤が使われていることがあります。

ホワイトニングのセルフケアであまり強い薬剤を使うと、、歯やお口のトラブルを引き起こしてしまうことがあります。

特に、歯医者さんが苦手でしばらく検診にもクリーニングにも行っていない・・・という方は要注意です!

自分で自覚していない虫歯や歯周病がある状態で、ホワイトニングなどで強い薬品を取り入れると、虫歯や歯周病の部分を刺激して痛みが出たり、症状を悪化させてしまう可能性も。

>ホームケアについて知るはこちら

>クリーニングとホワイトニングの違い

ちゃんと定期検診に行っていますか?―海外との違い

海外では、日本に比べて歯の健康への意識が高い方がたくさんいます。定期的にきちんと歯医者さんの検診を受け、メインテナンスを受けて、自分の歯とお口の状態をしっかり把握しています。さらに言えば、もともとの骨格や歯の質も日本人とは違います。例えば、日本人の歯のエナメル質に比べて欧米人のエナメル質は厚みがありますので、歯が白く見えます。

法律や民族の違いだけでなく、そういったデンタルケアにおける環境の差も考えると、海外製品を使用してみるときは、慎重に選んだほうがいいでしょう。

虫歯や歯周病がある場合は、歯のホワイトニングで見た目だけ白くしてキレイにしても虫歯や歯周病は治りません。

歯医者さんではいきなりホワイトニングをするのではなく、ホワイトニングまでのステップがあります。まず、お口の状態を検査し、虫歯や歯周病の治療が必要であれば、治療を優先します。治療が済めば、ホワイトニングなどの審美歯科治療を受けられるのです。

「健康な歯=美しい歯」

海外、特にアメリカでは、歯磨きはもちろん、デンタルフロスを使うのは当たり前です。歯ブラシや歯磨き粉にもこだわって、小さな頃から歯並びを矯正し、定期検診をかかさず、歯の色が気になればホワイトニングで白くして、美しく健康な歯を保っているそうです。アメリカでは日本のように歯科治療費が安くありませんので、医療保険制度の差が歯に対する意識の違いをもたらす大きな要因かもしれません。

日本でも歯への健康意識が徐々に変わりつつあります。虫歯になる前に定期検診を受ける方や、クリーニングやホワイトニングで歯の美しさに気を使う方も増えてきました。

03_073歯の健康はそのまま歯の美しさにもつながります!

体の健康を保つために人間ドッグや健康診断に行くのと同じように、歯の健康と美しさを保つためには定期検診が欠かせません。痛くなったら行くのではなく、痛くならないように行くのが歯医者さんです。

しっかりと歯医者さんでのメインテナンスを受け、自分の歯の状態を日頃からよく把握したうえで、デンタルケアグッズ選びにこだわりましょう!

※治療結果は患者様によって個人差があります。

>同じようなお悩みが解決されているかも!?歯を白くしたい「クリーニング」のお悩み解決!

044

>PMTC(自費の歯のクリーニング)ができる《東京都》おすすめ歯医者さんはこちら

>PMTC(自費の歯のクリーニング)ができる《大阪府》おすすめ歯医者さんはこちら

ホワイトニングができる歯医者さんを探そう!

03_ホワイトニングにかかる費用


歯医者さんで行う歯のホワイトニングは、健康保険が適用されない施術のため「自費診療」となります。また、ホワイトニングの方法は歯医者さんによってもかかる費用は変わってきます。


白い歯には憧れるけど、実際問題、お金はどのくらい必要?


ホワイトニングを行っている歯医者さんをチェックしてみましょう!


全国の審美歯科医院を探す

CONTENTS CATEGORY