キレイな歯のために

歯列矯正しながらホワイトニング|マウスピース矯正をすすめる訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「歯並びも歯の色も同時にきれいにしたい」という方は、マウスピース矯正がおすすめです。マウスピース矯正なら、矯正治療とホワイトニングを組み合わせて、歯並びと歯の色の改善が同時に可能ですよ。このページでは、マウスピース矯正の特徴や治療に向いている人に加え、マウスピース矯正とホームホワイトニングの合わせ技についてもご紹介しています。歯並びや歯の色にお悩みの方はこちらをご覧ください。

ホームホワイトニング

理想的な歯並び・バランスとは?

歯並びにコンプレックスを感じている方は多いと思います。一般的に、欧米人と比べて日本人は顎のサイズが小さいため、出っ歯や狭いスペースに歯が重なって生える「叢生【そうせい】」という歯並びが最も多いそうです。ガタガタと重なり合った前歯や八重歯がコンプレックスとなり、笑顔に自信がなく消極的になっている人も少なくないでしょう。では、理想的な歯並びやバランスとはどのような状態でしょうか。一般的に美しいと言われている歯並びの条件は以下の通りです。

・上下の正中(歯並びの真ん中)が揃っていて、左右対称であること
・上の前歯が下の前歯に少し(2~3ミリ)被さっていること
・歯列がきれいなU字型の曲線であること
・横から見てEライン(鼻と顎を結んだ線に唇が接している)が整っていること

セラミック矯正or歯列矯正どちらを選ぶ?

歯並びのコンプレックスを解消するには、セラミックの被せ物で見た目を整える「セラミック矯正」もしくは、矯正装置を使用して歯並びを整える「歯列矯正」の2つの選択肢があります。セラミックの被せ物は比較的短期間で歯並びを整えることができますが、健康な歯を小さく削らなければなりません。セラミック矯正は歯を動かさないので歯科矯正ではありませんし、削った後のメインテナンスも非常に大切です。

その点、矯正治療は健康な歯を削ることなく、理想的な歯並びと咬み合わせをバランス良く整えることが可能です。天然の歯を活かした自然な美しさを目指すなら、矯正治療がベストな選択ではないでしょうか。

ただし、矯正治療は「装置が目立ちやすい」というデメリットがあることも確かです。「矯正治療をしていることを周囲に知られたくない」「仕事上、矯正装置がNG」などの理由から、矯正治療を諦めざるを得ない方もいらっしゃると思います。

そのような方々に知っていただきたいのがマウスピース矯正です。目立ちにくいマウスピース矯正なら、見た目のマイナス感を最小限に抑えながら、歯並びを整えることが可能ですよ。では、以下にてマウスピース矯正が支持される理由をご紹介します。

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは、薄くて透明なプラスチックでできているマウスピースを、一定期間装着して歯並びを整える矯正法です。歯に密着する透明な装置なので、周囲の人に気付かれにくく、食事や歯みがきの際は自由に取り外すことができます。

こんな人におすすめ!マウスピース矯正が向いている人

1. なるべく目立たずに矯正したい人
接客業やサービス業など、目立ちやすい装置が職業的にNGな人、なるべく周囲に知られずに矯正治療をしたい人におすすめです。

2. 虫歯や歯周病のリスクを回避したい人
マウスピース矯正は取り外しができるので、歯磨きの際には口の中を隅々まで磨けます。磨き残しが少なく済むので、虫歯や歯周病のリスクを回避できます。

3. 金属アレルギーがある人
金属を使わないプラスチックの装置なので、金属アレルギーがある人や金属アレルギーが心配な人にも安心です。

4. 歯並びの不正が比較的軽度な人
骨格的な問題がなく、比較的軽度な歯並び不正の人に向いています。逆に、口元を大きく変えたい場合や、抜歯をしないと改善できない場合、骨格的な要因で歯列不正を起こしている場合には向いていません。

マウスピース矯正ならホワイトニングも可!

歯並びも歯の白さにもこだわりたい、そのような欲張りタイプの方にとってマウスピース矯正は理想的。マウスピース矯正は歯列矯正とホワイトニングを同時に行える、とっても効率的な装置です。矯正用のマウスピースをそのままホームホワイトニングのトレーとして代用できるので、ライフスタイルの一部に取り入れやすく、歯並びを整えながら歯の色をコントロールできますよ。

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングとはマウスピースの中に専用のジェル(薬剤)を流し込み、歯の黄ばみを分解して歯を白くする方法です。歯の白さを実感できるには、10~14日程度継続する必要があります。ホームホワイトニングにより歯の内側から黄ばみを分解していきます。オフィスホワイトニングと比べて、一度白くなれば後戻りしにくいといわれています。

ホームホワイトニングの開始時期は?

「早くホワイトニングを開始したい!」という気持ちは分かりますが、まずはマウスピース矯正に慣れることに専念してください。矯正治療を開始した直後は、口の中が装置に慣れておらず、人によっては違和感を生じやすい時期です。加えて矯正開始直後は、まだまだ歯並びも整っていません。歯が重なって生えていては、ホワイトニングジェルの成分が歯の隅々にまでしっかりと浸透せず、思ったようなホワイトニング効果に期待できないこともあります。

矯正中のホワイトニングは、歯並びやお口の状態にもよりますが、歯と歯の重なりが少なくなり、ある程度歯並びが整ってから始めることをおすすめします。詳しいタイミングは担当の歯科医師や歯科衛生士さんに相談すると良いでしょう。

まとめ

矯正装置は多種多様多様あり、患者さんの口元の悩みに合わせてカスタマイズしながら治療を行います。そのため、歯並びの状態によってはマウスピース矯正が適応外になることを、どうぞご理解ください。また、ホワイトニングに関しても、歯並びによっては歯列矯正が終了したあとに行う方がきれいに仕上がる場合があります。いずれの場合も、お口の悩みは歯のプロフェッショナルに相談することがいちばんです。歯並びや歯の色など、口元の悩みは歯医者さんに相談しましょう。きっと自分に合う解決法を教えてくれますよ。

※治療結果は患者様によって個人差があります。

>ホームホワイトニングができる《東京都》おすすめ歯医者さんはこちら

>ホームホワイトニングができる《大阪府》おすすめ歯医者さんはこちら

>ホームホワイトニング記事一覧はこちら

ホワイトニングができる歯医者さんを探そう!

03_ホワイトニングにかかる費用


歯医者さんで行う歯のホワイトニングは、健康保険が適用されない施術のため「自費診療」となります。また、ホワイトニングの方法は歯医者さんによってもかかる費用は変わってきます。


白い歯には憧れるけど、実際問題、お金はどのくらい必要?


ホワイトニングを行っている歯医者さんをチェックしてみましょう!


全国の審美歯科医院を探す

CONTENTS CATEGORY