審美歯科ネットは審美歯科治療の理解と普及を目的としたポータルサイトです

ぷっていさんの相談

カテゴリ:神経のない歯

前歯のセラミック について

数十年前に前歯1本が虫歯で神経がなくなっており、変色が気になります。以前に中からホワイトニングをしましたが数年たち、また気になり始めました。また、歯茎のきわの黒ずみもでてきております。やはり、セラミック かなと思いますが、歯医者さんは歯を削ることもあるのか特にお勧めはしてこられません。私自身も途中で折れたり、とれたりしないか、歯周病や歯茎は大丈夫かなと心配はつきません。黒ずみは変色は気にはなります。セラミック に対して考えすぎなのでしょうか。後悔はしたくないですが、実際やられた方は後悔はしないものですか?

ずいぶん前に神経を失っていますから、かなり変色していると思います。歯の中からの漂白では、おっしゃるとおり、生え際の黒ずみの改善は難しいです。
神経を取った歯は「死んだ」歯ですから、栄養が途切れたまま次第に歯質も脆くなっていきます。変色だけならいいですが、「破折」という危険も考慮しなければなりません。
歯茎の奥に向かって縦に割れると、最悪抜歯というケースも希ではありません。
そろそろ「補強」の芯をしっかり入れて、セラミック歯で被せた方がいいでしょう。
丁寧にしっかり補綴処置を行えば、ご心配されるようなことはないと思います。
  • ぷってい(40歳 女性 主婦 )
  • 2017年12月11日13時05分
ご返信ありがとうございます。安心しました。前向きに検討します。



相談を投稿する

ほかの人の相談から探す

例 :費用、期間など
絞込み解除